資格ビジネスコンサルタント萩原 京二が社会保険労務士の方々に役立つ情報・新しいビジネスをお届けします。
お問合せは
こちら問い合わせメールアイコン
無料メールマガジン

社会保険労務士の方々が稼ぐための新しいビジネスモデルから開業、事業計画ノウハウまで、あなたの現状を変える内容を毎日お届けします。

萩原京二プロフィール画像
萩原 京二
(はぎわらきょうじ)

資格ビジネスコンサルタント
社会保険労務士(18年目)
株式会社全就連 代表取締役
2012年より中小企業の経営支援を行う専門家(社労士、税理士、コンサルタントなど)の支援事業を開始。特に、社会保険労務士業界では多数の成功者を輩出。『日本一社労士を稼がせる社労士』となる。フジテレビ『とくダネ』、日本テレビ『ザ・ワイド』にコメンテーターとして出演。新聞・雑誌などのマスコミからの取材実績も多数。

facebookページ はこちら

ビジネスモデル

これから開業する人、 開業したばかりの人、 中堅・ベテラン社労士で事務所戦略の見直しをしたい人 を対象に顧問料アップ、顧問先獲得のノウハウ、「新しいビジネスモデル」をご紹介します。

社労士のビジネスには、経営系と実務系の2つの成長戦略があります。
開業年数や売上規模によって、どういう戦略をとるべきかをまとめたのが下の図になります。

さらに細かいお話をこちらの映像でお話していますので、まずはこちらをご覧ください。

働き方支援コンサルティング

「働き方改革」に伴い今後、企業に必要になってくる「多様な働き方・生産性の向上・定着率のアップ」などについて、単なる就業規則による集団的な労務管理から、労働契約による個別的な労務管理・賃金コンサルティングなどをする支援型ビジネス。

データ活用型 給与計算

単なる給与計算業務を請負うのではなく、社員の労務管理データを使ったコンサルティングをすることで給与計算業務に付加価値をつけ、顧問サービス化するビジネスモデル。

助成金顧問

社労士の顧問業務の一環として、きちんとした労務管理の指導を行い、さらに助成金を活用しながら、より良い職場環境を整備するというサービスを提供する、スポットではない顧問契約型の助成金ビジネス。

12スクエアメソッド

12スクエア・メソッドは労務管理を144の具体的なアクションレベルに細分化することにより、目に見えない労務管理を“見える化”し、問題点や改善点を明確にします。これにより従来から多く見かける就業規則等の作成や管理指導レベルにとどまらず、社内管理フォーム・業務手順・届出書類等の作成も含めた実際の業務レベルまで落とし込みます。

「開業して●年目だけれど伸び悩んでいる」
「低単価の業務ばかりで売上が伸びない」
「他の社労士との差別化が図りたい」
などのお悩みをお持ちの先生方

高額報酬を獲得する『仕組み』づくりとは?

その答えが書かれたレポートが今なら無料でダウンロードいただけます。
※このコンテンツは不定期に変更されますので、お早めに。
▲ページトップへ戻る

メールマガジン登録フォーム


「高額報酬を獲得するための仕組みづくり」レポートのダウンロードURLを
メルマガ登録いただいたメールアドレスへお送りします。
※PDFファイルです

▼ メールアドレスを入力してください