ただいま、こちらの講座のご案内をしております。

 ★66歳定年延長コンサルティング講座
  http://seminar.zenshuren.net/20210725teinen/

昨日は、

 ・定年を延長するかどうか?
 ・助成金を活用するかどうか?

については顧客が決めることなので、私たちにはコントロールを
することができない。

なので、私たちがやるべきことは顧客の意思決定をサポートする
ために「現状分析」を提案することである、ということをお伝え
しました。

だから、現状分析を行った結果、「今はなにもしない」という
結論になったとしても、それはそれで全然構わないのです。

しかし、顧客がこの結論を出す過程においては、

 ・今後の事業展開をどうするのか?
 ・それに対する人材需要をどのように考えるのか?

ということについて検討をしてもらっているはずです。

ということは、「今はなにもしない」という決断を下した企業と
いうのは、

 今後の人材戦略としてシニア社員の積極活用は考えていない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということであって、20代、30代、若手・中堅社員の活用の
ついてはまた別の考えを持っている可能性はあるでしょう。

たとえば、

 若手・中堅社員の「採用」や「教育」のニーズ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

があるかもしれないということです。

具体的には、

 「若手社員を採用したいけど応募が全然ない」
 「せっかく採用できても、すぐに辞めてしまう」
 「マネジメントができる社員が育たない」

といった「悩み」や「課題」を聞き出すことができる可能性
があるのです。

このような展開になれば、今度は「採用」や「研修」の提案
をすればよいということです。

繰り返しになりますが、

 コンサルティングビジネスというのは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 顧客の問題を解決するための提案をすること
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのですから。

つまり、

 「定年延長」を入口にして顧客と商談をして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 出口では「採用」コンサルを受託することになっても、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それはそれで全く問題はない
 ~~~~~~~~~~~~~

ということです。

別の言い方をすれば、

 定年延長をフロントエンド商品にして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 バックエンドでは採用コンサルを受託する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という販売手法もあるということです。

結局のところ、最も重要なことは、どうやって顧客の「悩み」
や「課題」を聞き出すかということです。

誤解を恐れずに言えば、「定年延長」の話題を持ち出すのも、
そのための「きっかけ作り」にすぎないのです。

だとしたら、

 「定年延長」をフロントエンド商品にして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あなたは顧客に対してどのような提案をしたいですか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらの講座では、そんなマーケティング的な思考法に
ついてもお伝えをしたいと思っています。

 ★66歳定年延長コンサルティング講座
  http://seminar.zenshuren.net/20210725teinen/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加