ただいま、こちらの講座のご案内をしております。

 ★66歳定年延長コンサルティング講座
  http://seminar.zenshuren.net/20210725teinen/

この講座では、定年を66歳に延長するために「シニア正社員制度」
の導入をする方法をお伝えをします。

もちろん、

 助成金を活用して新制度を導入する提案をしますので、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 顧客は【実質0円】でコンサルティングを受けることが
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 できるというメリットがあります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

こうした提案であれば、誰でも気軽に行うことができるはずです。

では、この「シニア正社員制度」を導入するためには、いったい
何が必要になるのでしょうか?

まずは、「賃金制度」です。

シニア正社員という新たな社員区分を作るわけですから、
そのための「等級基準」を設計しなければなりません。

また、その等級制度にリンクした「賃金テーブル」や「昇給表」
なども準備する必要があります。

さらには、昇給額を決めるための「評価制度」についても検討
しなければなりません。

このように、定年を延長するためには新たな賃金制度の設計・
導入コンサルティングをするということになるのです。

もちろん、60歳以降もこれまでと同じ賃金制度で処遇をする
という選択肢もあります。

その場合には新たな賃金制度の設計・導入は必要ありませんが、
企業の人件費負担などを考えると現実的ではないでしょう。

ですから、私たちは助成金を活用して、(コストをかけずに)
新しい賃金制度の導入を提案するのです。

でも、そんなに心配をすることはありません。

なぜなら、シニア正社員の賃金制度の設計はそれほど難しく
ないからです。

その理由は、シニア正社員というのは仕事の内容や役割が
変わることが前提になりますので、現役社員の賃金制度を
見直す時のように従前の賃金額(過去のしがらみ)を気に
する必要がないからです。

つまり、「ゼロベース」で賃金制度の設計ができるのです。

60歳到達というキャリアの「節目」を設定することで、
会社も社員もお互いに、これからの働き方や処遇について
見直しをしましょうということです。

ですから、賃金制度はわりとシンプルなものになります。

むしろ、重要なのがシニア正社員の「評価」や「昇給」を
どのように考えるかということでしょう。

これについては、こちらの講座で詳しくお伝えをします。

 ★66歳定年延長コンサルティング講座
  http://seminar.zenshuren.net/20210725teinen/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加