ただいま、「70歳までの就業機会確保」という新しいテーマで
お届けしております。

本日までに、以下2本のビデオを公開させていただきました。

 ★66歳定年延長コンサルティング講座(その1)
  https://youtu.be/o9ivSnaQr4U

 ★66歳定年延長コンサルティング講座(その2)本日公開!
  https://youtu.be/sxAyPVtb3jk

本日公開をしたビデオをご覧いただきますと、「11パターン」の
全貌がわかります。

また、

 助成金の活用を前提にした場合の現実的な「3つの選択肢」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

についてもご紹介をさせていただいております。

さらに、あくまでも私の個人的な意見として、どれが一番よい
選択肢なのかについても言及しております。

これをご覧いただくだけでも、かなりのヒントが得られると
思います。

 ★66歳定年延長コンサルティング講座(その2)本日公開!
  https://youtu.be/sxAyPVtb3jk

ただし、誤解をしていただきたくないのですが、

 私たちの役割は選択肢を提示するところまでで、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 最終的な意思決定をするのは経営者である
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということは肝に銘じておいて下さい。
 

何が言いたいのかいうと、

 社長、助成金が受給できるので定年を70歳にしましょう!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 みたいな提案をするべきではない
 ~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

つまり、「助成金ありき」の提案はやめましょうということ。

なぜなら、定年や継続雇用の年齢を延長するということは、
会社にとってのデメリットがあるからです。

今回の「65歳超雇用推進助成金」も就業規則の変更が必要と
なりますが、就業規則に記載するということは、社員に権利
を与える(会社の義務が発生する)ということです。

そのことをきちんと伝えないで、助成金を受給するためだけに
就業規則を改定することだけは絶対にやめましょうね。

あくまでも、

 「60歳以上の社員を今後も戦力として活用したい」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というニーズがある企業に対して、そのためのルールや仕組み
を整備するために助成金の提案をする、というのが本筋です。

こちらの講座では、そのための診断ツールや制度を設計する
ためのソフトなどもご提供をさせていただきます。

それだけではありません。

コンサルティングビジネスに対する考え方や、正しい提案の
手順も学んでいただくができる講座になっています。

★66歳定年延長コンサルティング講座(7月25日開催)

上記の講座は、28日(月)からご案内を開始する予定ですので、
今しばらくお待ち下さいね。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加