ただいま、「70歳までの就業機会確保」という新しいテーマで
お届けしております。

昨日公開したこちらのビデオはご覧いただきましたでしょうか?

 ★66歳定年延長コンサルティング講座(その1)
  https://youtu.be/o9ivSnaQr4U

 ・令和3年度の助成金ビジネスの進め方

 ・65歳超雇用推進助成金をお勧めする理由

 ・高年齢者雇用安定法の改正について

 ・助成金の支給要件が緩和された理由

 ・現在の継続雇用制度の問題点

 ・定年というのは「年齢による差別」ではないのか?

 ・「理想」と「現実」のギャップ

 ・なぜ、66歳まで定年を延長するのか?

 ・中小企業はどうすれば良いのか?

 ・中小企業が検討すべき「11の選択肢」とは?

上記のビデオをご覧になって、

 70歳就業機会確保に向けて中小企業が検討すべき11の選択肢
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が気になっているという方も多いと思います。

それについては、25日(金)に公開するビデオで詳しく伝えを
する予定になっていますので、今しばらくお待ち下さいね。

別に出し惜しみをするつもりはありませんので、少しずつネタ
ばらしをしますと、「11パターン」というのは以下のように
なります。

 60歳定年: 3パターン

 65歳定年: 3パターン

 66歳~69歳定年: 3パターン

 70歳以上定年: 2パターン

たとえば、「60歳定年」の場合には、以下のようになります。

 (1)60歳定年+希望者全員を65歳まで継続雇用

 (2)上記(1)+会社が認めたものだけ70歳まで継続雇用

 (3)上記(1)+希望者全員を70歳まで継続雇用

こんな感じで分解して行けば、以下の11パターンになることは、
誰でもわかると思います。

 (1)何もしない(60歳定年、希望者全員65歳まで継続雇用)

 (2)定年60歳+希望者全員65歳
    +会社が認めた者のみ70歳まで継続雇用

 (3)定年60歳+希望者全員を70歳まで継続雇用

 (4)定年65歳(66歳以降の継続雇用制度なし)

 (5)定年65歳+会社が認めた者のみ70歳まで継続雇用

 (6)定年65歳+希望者全員を70歳まで継続雇用

 (7)定年66歳(66歳以降の継続雇用制度なし)

 (8)定年66歳+会社が認めた者のみ70歳まで継続雇用

 (9)定年66歳+希望者全員を70歳まで継続雇用

(10)定年延長(70歳)

(11)定年廃止

でも、コンサルタントとしてはここから先が重要になります。

つまり、

 中小企業は上記の11パターンのうち、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 どれを選択すれば良いののか?
 ~~~~~~~~~~~~~~

という方向性を示す必要があるということです。

これができないと、まったく仕事になりません。

では、何をすれば良いのか? この続きは明日のメルマガで。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加