ただいま、こちらの教材の販売しております。

 ★社労士事務所のための「顧問料の値上げ実践マニュアル」
  http://seminar.zenshuren.net/20210620komonryou/

先日から、

 顧問料の値上げを具体的にどのように実施するのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということについてお伝えをしております。

これまで、

 ・ステップ1の「現状の把握」
 ・ステップ2の「方針の決定」
 ・ステップ3の「行動計画の策定」

についてお話をしてきました。

ステップ4では、行動計画に沿って実際に「交渉の実施」を
行います。

各顧問先ごとにどのような「シナリオ」で交渉をするのかに
ついてはすでにステップ2で検討済みですが、実際の交渉を
する前にもう一度以下の内容について確認をしておきましょう。

 ・値上げの理由(なぜ、料金改定をお願いするのか?)

 ・値上げの方法(どのような提案するのか?)

 ・断られた場合の対応(諦めるのか?強行するのか?)

値上げの「理由」や「方法」については、これまでにお伝えを
しましたので、ここでは「断られた場合の対応」について解説
をしましょう。

交渉ごとというのは相手があることですから、こちらの想定
した通りに進むとは限りません。

こちらが顧問料の改定(値上げ)をお願しても、

 「ハイ、わかりました」

と即答してもらえることの方が、むしろ稀だと思います。

相手にも言い分がありますので、反対されることを前提に
交渉のシナリオを考えておく必要があるのです。

つまり、いくつかのパターンをシミュレーションしておく
ということです。

こちら側としては、以下のオプションが考えられます。

 ・値上げはあきらめる

 ・値上げ幅を引き下げる

 ・料金は据え置きでサービス内容を見直す

 ・値上げを強行する(契約解除も辞さない)

もちろん、各顧問先ごとに提案する内容は異なりますし、
これまでの関係性などによってどのオプションを使うかは
違ってくるでしょう。

しかし、こちらとしての「落としどころ」は事前に決めて
おく必要があります。

少なくても、

 ・ベストシナリオ

 ・妥協シナリオ

 ・最悪シナリオ

の3パターン位はシミュレーションをしておきましょう。

だたし、この段階であまり無理をすることはありません。

交渉がうまく行かなかった顧問先への対応については、
次のステップで再検討することになっているからです。

ですから、まずはすべての顧問先とざっくりと交渉をして
感触をつかむつもりで臨みましょう。

そして、

 値上げ交渉にあたって最も大事なことは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「マインドセット(心構え)」です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

どんなに緻密な戦略や、具体的な戦術を考えたとしても、
「マインドセット」ができていないと、値上げ交渉は
絶対にうまく行かないからです。

別の言い方をすれば、「覚悟を決める」ということです。

こちらの教材では、「マインドセットの重要性」についても
詳しくご説明をしています。

 ★社労士事務所のための「顧問料の値上げ実践マニュアル」
  http://seminar.zenshuren.net/20210620komonryou/

40%オフの特別価格でご購入いただけるのは、20日(日)まで
となっております。

値上げ前に、ぜひお求め下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加