間もなく

 社労士事務所のための「顧問料の値上げ実践マニュアル」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という教材を発売する予定です。

  ★ガイダンス動画
   https://youtu.be/AWFuIIZaPRY

私がこのマニュアルでお伝えしたいことは、

 ビジネスにおいて価格戦略というのは非常に重要なので、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 料金設定についてちゃんと考えましょう!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

教材のサブタイトルが、

 「10年後も生き残る社労士事務所のための」

となっているのも、そのためです。

これまで、価格設定の方法として、

 顧客の指値 < 世間相場 < 単価積上げ型 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

の順番でご説明をしてきました。

右側に行くほど社労士事務所にとって有利な価格の決め方に
なるのですが、その他にはないのでしょうか?

もちろん、あります。
皆さんが、よくご存知の「あの方法」です。

それが「成功報酬」です。

成功報酬とは、

 うまく行ったら成果の一部を私にもシェアして下さい。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その代わり、うまく行かない場合には報酬は要りません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という価格の決め方です。

この契約形態の場合、受託者(つまり社労士)が相応のリスクを
負担することになるので、目的が達成された場合には通常よりも
大きな報酬となるのが一般的です。

だから、

 単価積上げ型 < 成功報酬
 ~~~~~~~~~~~~~

になります。

別の言い方をすれば、受託者(社労士)としては、うまく行く
確率が高くなければ(目的を達成できる自信がなければ)、
仕事を受けてはいけません。

また、成功報酬の金額というのは、かかった経費(コスト)を
大幅に上回るほど魅力的でなければ、成功報酬で受託する意味
はありません。

すなわち、成功報酬で契約する場合には、

 (1)目標を達成できる自信があること
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 (2)報酬額が十分に魅力的であること
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

の「2つの条件」が満たされていなければならないのです。

では、ここで「助成金サービス」を成功報酬で受託するケース
について考えてみましょう。

(1)については、以下の2点がチェックポイントです。

 ・適正な労務管理が行われている(法定帳簿の整備等)
 ・クライアントが助成金の制度趣旨をきちんと理解している

少なくともこの2点が整っていなければ、助成金を受給できる
可能性は極めて低いと言わざるを得ません。

成功する確率が低いのですから、成功報酬で受託してはいけない
ということです。

次に(2)についてですが、たとえば

 「キャリアアップ助成金(正社員化コース:57万円)」を、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 成功報酬10%で受託すると5万7000円にしかなりません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仮に20%だとしても、11万4000円です。

これに対して、私たち社労士は以下のような業務を行わなければ
なりません。

 ・計画書の作成、届出
 ・就業規則の変更、届出
 ・正社員への転換(労働条件通知書の発行)
 ・6か月分の賃金台帳チェック(昇給要件、残業代の支払いなど)
 ・必要書類の準備
 ・支給申請書の作成、届出

これらの業務(コスト)を「積み上げ型」で計算したら、
一体いくらになるのでしょうか?

先ほど、成功報酬というのは受託者がリスクを負っているのだから、
「報酬額が十分に魅力的でなければならない」と述べました。

このように考えると、助成金の業務を10%や20%の成功報酬で受託
することはできないことが、おわかりになると思います。

この場合は、完全に

 単価積上げ型 > 成功報酬
 ~~~~~~~~~~~~~~

となってしまい、「逆転現象」が起きてしまっていますからね。

私が日頃より、

 助成金ビジネスを成功報酬で行うべきではない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言っている理由は、まさにここにあるのです。

こうしたことをきちんと検証せずに、

 「助成金は成功報酬で提案するのが当たり前」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと思っている人が、あまりにも多すぎると感じています。

そういう不幸な人を一人でも少なくしたいと思い、こちらの
マニュアルの販売をさせていただきます。

 社労士事務所のための「顧問料の値上げ実践マニュアル」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ★ガイダンス動画
   https://youtu.be/AWFuIIZaPRY

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加