4月から個別コンサルティングサービスを開始しました。

 ★萩原京二の個別コンサルティング
  https://tinyurl.com/8ruw4jzb

毎月1名様限定(先着順)でお引き受けしておりますので、
今月分の枠はすでに埋まってしまったのですが、ご参考までに
「私がお役に立てること」についてお伝えをしています。

これまでお伝えしたのは、以下の9つです。

 ・顧客単会の見直し、値上げ交渉
 ・事務所コンセプト、戦略の見直し
 ・商品ラインナップの設計
 ・営業ツールの作成
 ・セミナー営業のやり方
 ・紹介営業のやり方
 ・コンテンツビジネスのやり方
 ・目標達成の技術
 ・自己理解のサポート

そろそろ、私がお役に立てるネタも少なくなってきましたので、
本日のご案内で最後にしようと思います。

10個目のサービスは、「出版コンサルティング」です。

私はこれまで11冊の著書を出版し、累計発行部数は10万部を
超えています。

一番売れた書籍は、5万部を超えるベストセラーになっています。

また、商業出版はもちろん、自費出版や電子書籍での出版も
経験しています。

昨年11月には、「マンガ本」の原作者として、天下の小学館
からの出版も実現させています。

ですから、あなたがもし「本を出したい」ということであれば、
最短最速で出版をする方法についてアドバイスをすることが
できると思います。

ただし、私はいわゆる「出版プロデューサー」ではありません
ので、実際に出版をお約束することまではできません。

しかし、以下のようなことについてはかなり実践的な内容を
アドバイスできると自負しています。

 ・著者としてのマインドセット

 ・出版企画書の作り方

 ・出版社へのアプローチ方法

 ・商業出版のメリットとデメリット

 ・自費出版のメリットとデメリット

 ・電子書籍での出版(Kindleでの販売)

 ・出版原稿を1ヵ月で書き上げる方法

 ・出版からのビジネス展開

実は、私は来年春先までに12冊目の著書(ビジネス書)を
出版することを決めています。

まだ正式に出版社が決まっているわけではありませんが、
私の中では「本を出す!」ということは決めているのです。

何が言いたいのかというと、私は

 自分が本を出したいと思えばいつでも出版できる状態
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

になっているということです。

ですから、あなたが本気で出版をしたいと考えているので
あれば、かなりお役に立てるのではないかと思っています。

ただし、

 出版というのはあくまでも手段であって、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 本当の目的は別のところにある
 ~~~~~~~~~~~~~~

というのが私の出版に対するスタンスです。

別の言い方をすると、

 「ビジネスを加速させるための出版」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

とでも言いましょうか。

ですから、出版をすることそのものが目的ではなく、書籍を
活用してビジネスで成果を出すための出版ということです。

いずれにしても、出版にご興味がある方は、ぜひ個別コンサルに
お申込み下さい。

ただし、4月分の受付は終了しましたので、5月のお申込をお待ち
しております。

 ★萩原京二の個別コンサルティング
  https://tinyurl.com/8ruw4jzb

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加