4月から個別コンサルティングサービスを開始しました。

 ★萩原京二の個別コンサルティング
  https://tinyurl.com/8ruw4jzb

毎月1名様限定(先着順)でお引き受けしておりますので、
今月分の枠はすでに埋まってしまったのですが、ご参考までに
「私がお役に立てること」についてお伝えをしています。

これまでお伝えしたのは、以下の4つです。

 ・顧客単会の見直し、値上げ交渉
 ・事務所コンセプト、戦略の見直し
 ・商品ラインナップの設計
 ・営業ツールの作成

本日は5つ目のコンサルサービスについてご案内します。
それは「セミナー営業のやり方」です。

私たちのような士業が顧客開拓をするための最適な方法に
「セミナー営業」があります。

つまり、セミナーを開催して集客をして、そこから商談につなげ、
契約を獲得する方法です。

これは本当に強力な顧客開拓の手法なので、私はぜひ多くの方に
活用をしていただきたいと思っています。

しかし、セミナー営業に関して、以下のようなネガティブな印象
をお持ちの方が多いことも事実です。

 ×どんなテーマでセミナーを開催すれば良いのかわからない

 ×集客をするのが難しい

 ×会場費や集客コストがかかる

 ×セミナーを開催してもなかなか契約につながらない

これは非常にもったいないことですね。

私から言わせれば、このような人たちは

 「正しいセミナー営業のやり方」を知らない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だけだと思っています。

では、「正しいセミナー営業のやり方」とは何か?
具体的には以下のようなことです。

 ○セミナーの集客テーマ(タイトル)の決め方

 ○集客するための仕組みの設計

 ○セミナーの収益モデルの設計

 ○参加者のニード喚起をするためのコンテンツ設計

 ○セミナー開催後の営業プロセスの設計

このようなことを何も考えずに、ただ闇雲にセミナーを開催
しても、顧客開拓につながることはありません。

なぜなら、セミナー営業というのは「科学」だからです。

さらに言うならば、最近では会場に集客するのではなく、
「オンライン」でセミナーを開催することも検討すべきです。

Zoomを使ってセミナーを開催すれば、録画もできますので、
それをコンテンツとして販売することも可能になります。

あるいは、それを無料オファーにしてメルアドを獲得する
こともできるでしょう。

こうしたことをトータルで考えて顧客開拓につなげるための
一連の仕組みが「正しいセミナー営業のやり方」なのです。

このノウハウをマスターすれば、あなたはもう二度と顧客
開拓に苦労をすることがなくなるかもしれません。

しかし、セミナー営業のやり方は「スキル」ですから、
実際にやってみないとマスターすることはできません。

私の個別コンサルでは、以下の内容を指導させていただきます。

 ・セミナーテーマの決め方

 ・集客用チラシの作成方法

 ・集客用サイトの作り方

 ・セミナーコンテンツの作り方

 ・営業プロセスの設計方法

 ・実際のセミナー開催のサポート

ただし、4月分の受付は終了しましたので、5月のお申込をお待ち
しております。

 ★萩原京二の個別コンサルティング
  https://tinyurl.com/8ruw4jzb

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加