昨日より、こちらのご案内をさせていただいておりますが、

 ★萩原京二の個別コンサルティング
  https://tinyurl.com/8ruw4jzb

ご参考までに「私がお役に立てること」について予めお伝えを
しておこうと思います。

まずは、「事務所の収益率アップ」ですね。

私が知っている限り、開業して3~5年ほど経った人たちの中には、

 開業当初に安い単価で獲得した顧問契約が
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 事務所の収益を悪くしていることで悩んでいる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という方が結構いらっしゃいます。

具体的には、

 ・月額5000円とか1万円で顧問契約をしている

 ・月額3万円で手続業務と給与計算もやっている

 ・税理士から単価の安い顧客ばかりを紹介される

 ・助成金をスポット契約で受託した会社なのに、
  労務管理について気軽に相談をしてくる

 ・いつまでも成功報酬10%で助成金の仕事をさせられている

といったケースです。

私は、このような方々に対しては「値上げ交渉」をするように
アドバイス(指導?)をさせていただいております。

具体的には、顧問契約の一覧表リストを作成していただいて、
顧客のABC分析を行い、戦略的に値上げ交渉をして行くのです。

このやり方は、非常に効果があります。

ある方は、私のアドバイスに基づいてこれを実行したところ、
毎月の顧問料がトータルで15万円(年間180万円)もアップ
しました。

ちなみに、これは一部の顧問先と交渉をしただけの結果ですから、
本気で取り組んでいただければ、毎月20~30万円の顧問料アップ
は決して難しいことではありません。

この効果額(成果)に対して、私の個別コンサル費用というのは
破格ではないかと思っています。

もちろん、私のコンサルを受けなくても、独力で値上げ交渉を
していただければ、ある程度の効果が得られるでしょう。

しかし、顧問先に対して値上げ交渉をするというのは、基本的に
皆さん「やりたくないこと」ですから、どうしても先延ばしに
してしまうのです。

いわゆる、「メンタルブロック」ですね。

そして、この「メンタルブロック」を自分ひとりの力だけで外す
というのは、実はなかなか難しいのです。

だからこそ、指南役(コーチやコンサル)が必要になるのです。
具体的には、以下のようなサポートをさせていただきます。

 ・顧問先一覧表の作成
 ・顧客ABC分析のやり方
 ・交渉先の優先順位づけ
 ・具体的な行動計画作成
 ・顧客ごとの値上げ交渉戦略
 ・交渉スクリプトの作成
 ・交渉結果に基づく次の作戦
 ・交渉の進捗管理

以上のことを、私と一緒に取り組んでいただければ、あなたの
事務所の収益が大幅にアップすることは確実です。

そして、この顧問先への値上げ交渉というのは、事業年度が
切り替わった今だからこそ、やりやすい時期でもあります。

しかも、値上げのお願いをして受け入れられなかったとしても、
あなたが失うものは何もありません。

要するに、「やるか、やらないか」というだけの話です。

自分ひとりでは顧問先に値上げ交渉ができないという方は、
ぜひ個別コンサルにエントリーをして下さい。

 ★萩原京二の個別コンサルティング
  https://tinyurl.com/8ruw4jzb

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加