昨日は、ビジネスで成果を出すための方程式として、

 売上 = 商品 × 営業

をお伝えしました。

本日の方程式はこちら。

 「人生や仕事の結果」=「考え方」×「熱意」×「能力」

もちろん、これは私が考えたわけではなく、京セラやKDDIの
創業者である稲盛和夫先生の言葉です。

有名な言葉ですから、ご存知の方も多いでしょう。

これは、「平均的な能力しか持たない人間が、偉大なことを
なしうる方法はないだろうか」という問いに、稲盛先生が
自らの体験を通じて考え出したものだそうです。

「考え方」
 生きる姿勢や物事の捉え方のこと
 (点数はマイナス100点からプラス100点)。

「熱意」
 モチベーション、やる気や情熱を持って努力できるか
 ということ(点数は0点から100点)。

「能力」
 頭脳や運動神経、身体的特徴、身につけた技術的な
 スキルなどのこと(点数は0点から100点)。

私はこの方程式のポイントは、次の2つにあると考えています。

 ・すべてが掛け算である
 ・「考え方」にはマイナスがある

たとえば、「能力」が高くても「考え方」や「熱意」が低いと、

 「考え方(10点)」×「熱意(10点)」×「能力(90点)」

となり、合計は9,000点ということになります。

でも、「能力」が低くても「考え方」や「熱意」が高ければ、

 「考え方(90点)」×「熱意(90点)」×「能力(10点)」

となり、合計はなんと81,000点にもなります。

これが「掛け算」の効果ですね。

さらに興味深いのは、「能力」と「熱意」が高くても「考え方」
を間違えてしまっていると

 「考え方(-30点)」×「熱意(90点)」×「能力(90点)」

となって、合計がマイナス243,000点になるということです。

つまり、

 「考え方」がマイナスになってしまうと、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 どんなに頑張っても「仕事・人生の結果」が
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 マイナスになってしまう
 ~~~~~~~~~~~

ということなのです。

私はこれまで社労士の皆さんに「ノウハウ(能力)」をお伝え
してきましたが、これだけではすべての人に「成果」を出して
いただくことが難しかった理由も、この方程式で説明すること
ができます。

そこで、これから「考え方」や「熱意」の点数をアップできる
ような「個別コンサルサービス」を開始しようと考えています。

詳細につきましては、近日中に発表をさせていただこうと
思っていますので、もう少しだけお待ち下さいね。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加