昨日より、5日間限定でこちらのオンライン講座の販売をして
います。

 ★EX人事部長養成講座プレセミナー(オンライン版)
  http://seminar.zenshuren.net/20210325expre/

 5日間限定ですので、31日(水)で受付終了となります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日は、上記のページに掲載してあるこちらのビデオについて
解説をさせていただきます。

 ★ガイダンスビデオ(その2)
  https://youtu.be/DFbhwDdo-38

この話はもう耳にタコができるほど聞いているかもしれませんが、
大事なことなので何度でもお伝えをしますね。

 ビジネス環境が劇的に変化し、
 ~~~~~~~~~~~~~
 しかもそのスピードも非常に速い現代において、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 社労士事務所も「変革」をしなければならない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このような時代において、環境変化に対応していくためには、
もはや「先読み」をするしかありません。

つまり、「未来」を予測し、その時点における「あるべき姿」を
具体的にイメージして、そこから「逆算」して何をすべきかを
考える、ということです。

これをバックキャスティング(逆算)思考といいます。

この時に大事なことは、
 
 「過去の延長上で未来を考えない」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

これまでは、「自分ができること(リソース)」から「商品・
サービス(ビジネスモデル)」を考えて、顧客に「価値」を
提供するというやり方でした。

しかし、これからは顧客から求められる「価値」を予測して、
そこから「商品・サービス(ビジネスモデル)」を考えて、
必要となる「リソース(知識・スキル・人脈など)」を調達
するという逆算思考が必要になります。

別の言い方をすると、

 現時点ではできない、あるいは不可能だと思えることでも、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 顧客ニーズがあるのであればそれをやるという「決意」をして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 どうやったらできるのかを真剣に考える
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

上記のビデオでは、自動車メーカーのホンダが、2050年から逆算
して2030年のビジョンを策定している事例をご紹介しています。

ガソリン車が廃止になることを前提に、2050年には既存の主力
ビジネスである自動車や二輪車の売上構成比は、全体の4分の1
にまで縮小させる計画です。

つまり、既存のビジネスは将来なくなることを前提に、未来の
「あるべき姿」を描いているのです。

あなたの事務所では、既存の売上(手続業務など)が4分の1に
なることを前提にして、経営計画を立てていますか?

結局のところ、変化の激しい時代においては、

 これまでやってきたことの「反省(振り返り)」よりも、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 これからどうするのかという「決意(覚悟)」が大事
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だということです。

では、社労士事務所はどうすれば良いのか?
詳しくは、こちらのオンライン講座で解説しています。

 ★EX人事部長養成講座プレセミナー(オンライン版)
  http://seminar.zenshuren.net/20210325expre/

3月31日(水)までの期間限定販売です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加