突然ですが、本日より5日間限定でこちらのオンライン講座の
販売をします。

 ★EX人事部長養成講座プレセミナー(オンライン版)
  http://seminar.zenshuren.net/20210325expre/

 5日間限定ですので、31日(水)で受付終了となります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実はこれ、3月13日(土)に開催したセミナーをビデオの収録
したものです。

まずは、こちらのガイダンスビデオをご覧下さい。

 ★ガイダンスビデオ
  https://youtu.be/uAYGnswpWYg

そして、以下は講座を受講された方の感想の一部です。

 <Mさん(愛媛県)>
 外部の人事部長という言葉に惹かれセミナーを受講しました。
 セミナーを受講し、外部の人事部長としての役割、責任が明確
 になり、今後外部の人事部長としての仕事に重点を置いて活動
 していきたいです。今後の10年後の社労士人生に悩まれている方、
 方向性を見いだせない方が多くいると思います。私もその一人
 でしたが、このセミナーを受講して、今後の方向性が明確になり
 ました。

 <Mさん(神奈川県)>>
 これからの社会保険労務士事務所は、脱1.2号業務、手続き業務が
 なくなると言いながら、様々なコンサルツールの案内をする会社は
 多くあります。しかしながら、それらの案内は、社会保険労務士が
 行うべきコンサル業務の一部でしかありません。今回のEX人事部長
 養成講座は、社会保険労務士が行うべきコンサル業務を体系的に
 まとめ、全てを網羅し、成果が出るコンサルツールを提供するもの
 であり、画期的な講座だと思います。私は、開業して20年になり
 ますが、コンサル業務を体系的にまとめ、ツールの提供まで行う
 講座ですので、新人からベテランまで全ての社会保険労務士に受講
 をお勧めします。

 <Hさん(大阪府)>
 人事専任担当がいない小規模の会社は、社長や役員、経理の方が
 片手間で人事労務関係の仕事をしていると思いますが、人件費に
 換算したときに非常にコストがかかっていることが多い。 
 また専門性もないためストレスに感じることも多い現状。
 人事労務機能をアウトソーシングすることは、費用対効果も高く、
 知識のある社労士が外部人事部長となるため相談もしやすく
 従業員の方にもプラス。会社も社労士もwin-winの関係が築ける
 サービスだと感じました。

 <Oさん(大阪府)>
 そもそも人事部がすべきことの全体像がよく整理されており、
 非常にわかりやすくまとまった体系だと感じた。
 顧客にクリニックを持っている社労士さんにお勧めしたい。
 ドクターは、納得すれば報酬は出すので、全体像とこちらが
 提供するサービス内容、その効果を提示することで、
 高額顧問料につなげられると思います。

 <Sさん(宮城県)>
 社労士が今後生き残っていくための道が見えました!
 価格競争になっている・競合と比較される、などのお悩みがある方
 には、ぜひ、見て頂きたいと思います。高額で尚且つ差別化する
 ための方向性と具体的な内容がわかると思います。

なぜ、このオンライン講座の販売をしようと思ったのかというと、
4月1日から15日の期間限定で

 【中小企業の人事部長養成講座(第1期生)】の募集
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を行うからです。

ただし、

 この講座を受講いただけるのは3月13日に開催した
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「EX人事部長養成講座プレセミナー」を受講された方だけ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

となります。

現時点でも対象者の方はは約50名ほどいらっしゃいますので、
もうこれ以上のご案内をする必要はないのかもしれません。

しかし、上記の通り「非常に役に立つ」という感想をたくさん
いただきましたので、5日間限定でオンライン講座として販売する
ことにしました。

あまり「ネタばらし」をしたくはないのですが、ここだけの話、

 今回の1期生は破格の受講料でご案内をする
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことになっています。

もちろん、オンライン講座を受講したからといって、絶対に
「中小企業の人事部長養成講座」に参加しなければならない、
ということはありません。

「EX人事部長養成講座プレセミナー」をご覧いただくだけでも、
これからの社労士ビジネスのヒントがたくさん得られるでしょう。

 ★EX人事部長養成講座プレセミナー(オンライン版)
  http://seminar.zenshuren.net/20210325expre/

本日より5日間限定(31日まで)の販売です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加