本日より、こちらのプレセミナーの募集を開始しました!

 ★EX人事部長養成講座プレセミナー(3月13日開催)
  http://seminar.zenshuren.net/20210313expre/

このプレセミナーにご参加をしていただいた方だけに、
4月より開催する

 「中小企業の人事部長養成講座(全10回)」のご案内
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

をさせていただきます。

これはある意味で、社労士事務所の経営コンサルタントとしての
私の集大成とも言える「作品」です。

ちなみに、EX人事部の「EX」とは、

 ・External(外部の)

 ・Experienced(経験豊富な)

 ・Excellent(素晴らしい)

 ・Expert(専門家)

という意味であると同時に、でもちょっとだけ高額

 ・Expensive(高額=高品質)

というメッセージも込めて命名しました。

EX人事部構想の概要につきましては、こちらのページに設置
してあるビデオをご覧になって下さい。

 ★EX人事部長養成講座プレセミナー(3月13日開催)
  http://seminar.zenshuren.net/20210313expre/

詳細につきましては、プレセミナーでお伝えします。

ところで、昨日のメルマガで、

 「私がこれから開業するとしたら給与計算をする」

というお話をしました。

しかし、フツーの給与計算ですと「誰がやっても結果が同じ」
サービスになってしまいますので、価格競争に巻き込まれて
しまいます。

そこで、いかにして差別化をするのかを考える必要があります。

もっとも、フツーの給与計算であっても、ちゃんと営業をすれば
そこそこ契約を獲得することはできると思いますけど。

でも、やっぱり単価の問題がありますからね。

では、私だったらどうするのかというと、

 「助成金サービス付きの給与計算」

として商品化をします。

これだけでも、立派な差別化になるのです。
アイデアというのは、「既存」と「既存」の組み合わせなので。

でも、よく考えてみて下さい。

「助成金サービス付きの給与計算」を商品として打ち出して
営業している社労士なんて、ほとんどいませんからね。

結構、画期的な商品だと思いますよ。

しかも、給与計算を受託していれば、助成金を受給するための
環境整備(労務管理)もバッチリです。

あとは、これに「就業規則」の知識があれば、さらに強いと
思います。

これが私が考えている「ミニマムパッケージ」です。

私がこれから開業するのであれば、間違いなくこの「ミニマム
パッケージ」を主力商品にして、顧客開拓をするでしょうね。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加