こちらのご案内は間もなく終了(水曜日まで)となります。

 ★サステナブル人事制度導入コンサルタント養成講座
  http://seminar.zenshuren.net/20210227sus/

今回の講座でお伝えする「テーマ」は、ずばり

 「ジョブ型賃金制度」の導入・運用ノウハウ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

しかも、

 社員100人以下のオーナー経営者から喜ばれる賃金制度
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

になります。

残念ながら、それ以上の規模の会社やサラリーマン社長が経営
する会社には適さない手法ですので、あらかじめご了承下さい。

なぜなら、講座でお伝えする内容(ノウハウ)は

 「社長の直感」によって給与を決めるしくみ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。

もちろん、難しい「評価制度」や「考課者訓練」などを行うこと
も一切ありません。

ですから、やり方さえマスターしてしまえば、人事コンサルの
仕事を全然やったことがないという方でも大丈夫です。

なので、あなたも賃金コンサルにチャレンジしてみませんか?

 ★サステナブル人事制度導入コンサルタント養成講座
  http://seminar.zenshuren.net/20210227sus/

ところで、私はかれこれ20年近く「人事コンサルタント」の仕事
をしてきました。

上場企業のコンサルも経験したことがありますし、管理職を選抜
する「人事アセスメント研修」のアセッサー(評価者)として、
これまでに2000人以上のビジネスパーソンの評価を実施しました。

その結果として、私がたどり着いた結論は、

 人が人を評価する以上、
 ~~~~~~~~~~~ 
 公正・公平な人事評価なんて不可能である
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

だから、中小企業に評価制度の導入をするのであれば

 社長の評価が正しいという前提で制度を設計するべき
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと考えています。

そして、この社長の「直感」というのは、実はかなり当たって
いるということも分かっています。

ただ、問題は、なぜ社長がそのような「評価」をしたのかと
いう理由を、社員にきちんと説明できないことなのです。

そこで私が考え出したのが、「萩原式賃金コンサル」です。

これは、まさに「社長の直感を制度に落とし込むための手法」
といってよいでしょう。

私は、この「萩原式賃金コンサル」の手法は今でも有効である
と確信しています。

しかし、やはり時代の変化には逆らうことはできません。
そうです、「同一労働同一賃金」への対応です。

一般的な評価制度と同様に、これまでの「萩原式」のコンサル
手法においても、「ヒト基準」で評価を実施していました。

つまり、社長が「その人」を見て、それで評価をするのです。

でも、この方法では「同一労働同一賃金」に対応したことには
なりません。

「同一労働同一賃金」が求めているのは、「仕事基準」で評価
をして賃金を決めなさいということですからね。

そこで、このたび私が新しく開発をしたのが、

 社長の直感を「仕事基準」で評価するノウハウ
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのです。

別の言い方をすると、

「職務分析」「職務評価」を社長の直感で行う方法
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言ってもよいかもしれません。

自分で開発をしておいてアレですが、これはかなり画期的な手法
ではないかと自信を持っています。

ただし、上述の通り、「100人以下のオーナー企業限定」の手法
になりますので、あらかじめご了承下さいね。

もちろん、これまで通り「ヒト基準」で評価制度を設計する
やり方についてもお伝えします(ビデオ講座になりますが)。

しばらくの間は、「二刀流」でのコンサルが求められると思い
ますから。

ということで、「一粒で二度おいしい」こちらの講座にぜひ
ご参加下さい。

 ★サステナブル人事制度導入コンサルタント養成講座
  http://seminar.zenshuren.net/20210227sus/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加