昨日公開したこちらのビデオですが、

 ★社労士事務所のあり方パート2(経営参謀編)
  https://youtu.be/KUUxuU7yvtA

本当に重要な内容をお伝えしていますので、必ずご覧下さいね。

今回、私が「ミニマム法人活用アドバイザー養成講座」のご案内
をしているのも、

来週から「スモールM&Aアドバイザー養成講座」のご案内を開始
するのも、

すべて意図(目指しているゴール)があってのことです。

もちろん、私が提示しているゴールがあなたの目指している
理想の姿と違うのであれば、完全にスルーして下さい。

むしろ、「これは自分には必要ない」ということが明確になって
いることは素晴らしいことだと思います。

でも、

 これからは「経営参謀」的な立場で社長の支援をしたい
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という気持ちをお持ちであれば、あなたにとって

 「ミニマム法人活用アドバイザー養成講座」
 「スモールM&Aアドバイザー養成講座」

のご案内は、必ず役に立つ情報だと確信しています。

上記のビデオでもお伝えをしている通り、「ミニマム法人」
「スモールM&A」のどちらかの講座をご受講をいただいた方には、

 役員報酬最適化コンサルタント養成講座のご案内
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

をさせていただく予定です。

その理由は、どちらのビジネスとも非常に親和性が高いノウハウ
だからです。

 「役員報酬最適化コンサルタント養成講座」は、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 年に1回しか開催しない「幻の講座」ですから、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 2021年の開催はこれが最初で最後になると思います。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特に、これから事業承継や相続のビジネスにも取り組みたいと
いう方には、必須のアイテムと言っても過言ではありません。

なぜなら、経営者と対等以上の立場で商談をするためには、
他の士業やコンサルタントとの圧倒的な違いを見せつける
「キラーコンテンツ」が必要になるからです。

別の言い方をすれば、

 「役員報酬最適化コンサル」のノウハウを持っている人は、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 絶対に事業承継・相続ビジネスに進出をするべき
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だと考えています。

そんな方々に向けて、来週からは「スモールM&A」に関する
情報のご提供をさせていただきます。

その前に、こちらのビデオを必ずご覧になっておいて下さい。

 ★社労士事務所のあり方パート2(経営参謀編)
  https://youtu.be/KUUxuU7yvtA

スモールM&Aビジネスというのは、

 商品:M&A仲介サービス(新規)

 市場:30人未満の中小企業(既存)

「新規商品」を「既存市場」に提供するビジネスです。

本メルマガでは、「アンゾフの成長マトリクス」を用いて、

 既存ビジネスを少しずらしたところにチャンスがある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということをお伝えしてきましたが、私はこの

 「新規商品」×「既存市場」

というのが最もチャンスが大きい領域だと思っています。

たとえば、

 「M&Aの支援ができる社労士」
 ~~~~~~~~~~~~~

というポジションです。

一般に、「社労士がM&A支援をする」とは思われていませんので、
それだけで目立つことができるのです。

ここでのポイントは、「意外性」です。

たとえば、名刺に「M&Aの支援ができる社労士」と書いてある
だけで、

 「この社労士はフツーの社労士とはちょっと違う」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という強烈な印象を与えることができるでしょう。

このポジションを取らないと、世間相場という「物差し」で
測られてしまって、顧問料の単価が安くなってしまうのです。

もちろん、差別化するだけが目的ではありません。

社労士がM&Aビジネスに参入することで、多くのメリットを
享受することが可能になります。

来週からは、そんなお話をさせていただく予定ですので、
どうぞ楽しみにしていて下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加