冒頭でご案内をしました

 社労士事務所の経営コンサルタント萩原京二の「最後の授業」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ですが、私にはどうしても伝えたいことがあります。

それは、

 これからの社労士ビジネスはこれまでとは全く違う。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 だから、先輩社労士のマネをしてもうまく行かない。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

最大の原因は、「手続業務がなくなる」ということ。

社労士ビジネスの魅力は「顧問契約」が獲得できることですが、
その前提となっているのが書類作成・提出代行業務であることは、
疑いようのない事実でしょう。

しかし、その手続業務が「行政手続の簡素化」や「デジタル化」
によって、社労士に依頼しなくても良くなるのは当然の流れです。

つまり、社労士の仕事そのものが無くなってしまうのです。
まさに、「10年後になくなる仕事」のひとつです。

一方、先輩社労士のおもな収益源は、いまだに手続業務を中心
とした顧問契約です。

それだけではありません。
「就業規則の作成・見直し業務」もビミョーです。

なぜなら、「就業規則自動作成ツール」のようなものが登場
しているからです。

業種や社員規模などを選択すれば、その会社に合った雛形を
自動的に作成してくれるのです。

企業がこのようなツールを使ってタタキ台を作成して、

 「先生、この就業規則の問題箇所を修正して下さい」

と依頼された場合、いくらの報酬をもらえるでしょうか?

就業規則の仕事はなくならないかもしれませんが、単価が
下がることは必至です。

では、「助成金ビジネス」はどうでしょう?

現時点(2021年1月)における助成金のニーズというのは、
「雇調金」がメインですから、新人社労士が手を出すのは
ちょっとハードルが高いように思います。

このように、2021年に開業する新人社労士にとっては、

 これまでの「成功パターン」が通用しなくなってしまった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということなのです。

ただ、今はまだ「過渡期」なので、「昔のやり方」でもある
程度は通用する部分もあるかもしれません。

しかし、5年後、10年後を考えた場合には、そのやり方では
絶対にうまく行かなくなります。

それだけ、「ビジネス環境の変化」が激しいということです。

だとしたら、先輩たちの「昔のやり方」を踏襲するのではなく、
最初から「新しいやり方」で開業すべきではないか思うのです。

私が新人社労士(これから開業する人を含む)の皆さんに
お伝えしたいことというのは、このことです。

ちょうど今、昨年の社労士試験に合格した人たちは「開業塾」
に参加している頃でしょう。

しかし、そこで教えられていることは、旧態依然とした従来型
の社労士事務所の経営スタイルではないかと推測しています。

なぜなら、

 彼らだって「これからの社労士事務所のあるべき姿」を
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 明確に描けていないと思うからです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは非常に危険なことだと思っています。

例えるのなら、LINEやインスタがコミュニケーションツールの
主流になっている今の時代に、Facebookのやり方を学びに行く
みたいなものです。

言葉は悪いですが、「うまく行かない方法」をわざわざ教えて
もらいに行きますか?って話です。
 

では、どうすれば良いのか?
私なりの「時代の読み方」をお伝えしたいと思っています。

2021年以降、社労士で開業して失敗をしたくない方は、
ぜひご参加下さい。

 ★萩原京二の「最後の授業」にエントリーをする
https://forms.gle/oGvQ8Y7qi5UzGUTa7

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加