ただいま、こちらの対談ビデオを公開しております。

<新春特別対談>

 ★第1回ビデオ
  https://roudou-adviser.com/online/20210101gaa.html

 ★第2回ビデオ
  https://roudou-adviser.com/online/20210102dca.html

 ★第3回ビデオ
  https://roudou-adviser.com/online/20210103kds.html

 ★第4回(最終回)ビデオ
  https://roudou-adviser.com/online/20210104jis.html

上記のビデオをご覧いただき、「今後の社労士事務所のあり方」
にご興味をお持ちいただいた方は、こちらのセミナー&説明会
にご参加下さい。

 ★2021年以降の社労士事務所あり方セミナー
  https://roudou-adviser.com/sg/online202101fad.html

さて、先週金曜日に公開した第3回ビデオの後半で、とても重要な
ことをお伝えしました。

それは、

 「積み上げ型」である労働法務ビジネスと、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「変化対応型」である助成金ビジネスの両方を使いこなし、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「二毛作ビジネス」をやりましょう!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということ。

実は、これが

 「社労士事務所を安定・継続的に経営するためのノウハウ」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なのです。

私が知っている限り、ある程度の規模で(職員を雇い)、
10年以上にわたって事務所を経営している先生というのは、
間違いなくこのやり方をしています。

さらに言うならば、顧問契約のベースとなる業務として、
必ず給与計算を受託しています。

社労士事務所で給与計算をやっているので、勤怠管理や残業代の
計算も適正に行われて、法定帳簿もきちんと整備できています。

だから、助成金の申請もスムーズに行えるのです。

また、給与計算業務を通じて、日頃の労務管理の実態を把握して
いるので、就業規則の改定や運用指導もやり易いというメリット
があります。

このように考えると、

 給与計算+助成金+就業規則というのは
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 必ず「3点セット」にして受託するべき業務
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ではないかと思っています。

前回のビデオでもお伝えをした通り、社労士ビジネスというのは

 景気が良い時は、助成金ビジネスが忙しくなり
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 景気が悪い時でも、労働法務ビジネスのニーズが高まる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という傾向にありますから、この2つのビジネスを使いこなす
ことで、

 どんなビジネス環境でも対応できる社労士事務所
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

になれるのです。

さらに、

 給与計算という「絶対になくならない業務」と組み合わせる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ことで、「盤石の事務所体制」が完成します。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このように考えると、社労士事務所の経営というのはビジネスの
視点で考えても、本当に恵まれていると思いますね。

でも、これで満足していてはいけません。

これからは、「外部の人事部長(人事担当役員)」のポジション
を獲得することで、さらに強固なビジネスを展開するチャンスが
あるのです。

それが、私が考えている「EX人事部」というコンセプトです。

「EX人事部構想」の詳しい内容について知りたい方は、
こちらのセミナー&説明会にご参加下さい。

 ★2021年以降の社労士事務所あり方セミナー
  https://roudou-adviser.com/sg/online202101fad.html

セミナーにご参加をいただいた方には、3月に開催する

 「EX人事部長養成講座(プレセミナー)」の先行案内
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

をさせていただきます。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加