冒頭でもお伝えしました通り、ただいまこちらの対談ビデオを
公開しております。

<新春特別対談>

 ★第1回ビデオ
  https://roudou-adviser.com/online/20210101gaa.html

 ★第2回ビデオ
  https://roudou-adviser.com/online/20210102dca.html

第2回ビデオのテーマは、「助成金ビジネス」です。

すでにお気づきの方も多いとは思いますが、率直に言って

 2021年の助成ビジネスは厳しい
 ~~~~~~~~~~~~~~

と覚悟をせざるを得ません。

今後は「雇用の維持」から出向・転籍といった「労働移動」に
政策の転換が行われるからです。

コロナ第3波によって「緊急事態宣言」が出されたとしても、
この方針が大きく変わることはないでしょう。

2月末までは特例期間が延長されることは決まっていますが、
その先については要件が見直され、上限額も引き下げられる
可能性が大きいと思います。

一方、雇調金に膨大なお金をつぎ込んでしまっているため、
その他の助成金の予算は大幅に縮小しています。

いくつか新しい助成金が出るものの、大きなインパクトがある
助成金は見当たりません。

このような状況ですので、助成金を中心にビジネス展開をして
いる人にとっては、かなり厳しい1年になることが予想されます。

しかし、助成金ビジネスというのは「そういうもの」です。

過去20年の歴史を振り返れば、

 「良い時期もあれば、悪い時期もある」

というのが助成金ビジネスなのです。

今回のビデオでは、「助成金ビジネスのサイクル」についても
解説をしております。

 ★過去20年間の歴史から読み解く助成金ビジネスのサイクル
  https://roudou-adviser.com/online/20210102dca.html

このことを理解した上で、重要なポイントは、

 悪い時期をどのようにやり過ごすのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

そして、もう一つ。

 助成金ビジネスから離れてはいけない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということ。

このような状況になると、助成金ビジネスから撤退する人が
たくさん出てきます。

しかし、ひとたび助成金ビジネスから離れてしまうと最新情報を
キャッチアップすることができず、今後のトレンドを予測する
こともできなくなってしまいます。

そうなると、再びチャンスがやってきた時にタイミングを逸して
しまうというリスクがあるのです。

また、多くの社労士が助成金ビジネスから撤退してしまうので、
助成金に詳しい社労士には顧客が集まってきます。

なぜなら、顧客視点で考えた場合には、

 やっぱり助成金には根強いニーズがある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からです。

では、この厳しい状況の中で、助成金ビジネスとどのように
付き合って行けば良いのでしょうか?

そこで重要になるのが、助成金ビジネスのモデル転換です。

つまり、従来のような「助成金申請代行サービス(成功報酬型)」
から新しいスタイルのビジネスへと転換するということ。

詳しい内容につきましては、こちらのビデオでご説明をして
おります。

 ★新春特別対談 第2回ビデオ
  https://roudou-adviser.com/online/20210102dca.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加