冒頭でもご案内をしました通り、ただいまこちらの対談ビデオを
無料で公開しています。

 ★新春特別対談 第1回ビデオ
  https://roudou-adviser.com/online/20210101gaa.html

上記のビデオでは「2020年の振り返り」をした上で、
「2021年のビジネス展望」についてお伝えをしております。

結論から申しますと、私たちは

 社労士業界には2021年も大きなチャンスがある!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と考えています。

その理由は、すでにわかっているだけでも、以下のような顕在的な
ニーズ(法改正等への対応)があるからです。

 ・同一労働同一賃金への対応(賃金制度の見直し)

 ・70歳までの就労機会確保(継続雇用制度の見直し)

 ・ハラスメント防止体制の整備

これに加えて、コロナの影響による、以下のようなニーズもある
でしょう。

 ・雇調金の申請(休業計画の作成・実績の管理)

 ・業績悪化による人員整理、労働条件見直し

 ・労働トラブルへの対応(未払い残業代など)
 
 ・テレワーク(在宅勤務)の本格導入

ただし、この2つのニーズはまったく別物だと考えた方が良い
と思います。

なぜなら、

 前者が「将来に向けての課題対応行動」であるのに対して、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 後者は「目先の問題解決行動」だからです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(ただし、「テレワークの本格導入」は前者になります)

もちろん、「目先の問題対応」は行わなければなりませんが、
次から次へと発生する問題対応に翻弄されてしまっていては、
中長期的な視点で人事労務管理を考えることはできません。

このような会社は、「モグラ叩き」をやっているみたいなもん
です。

一方、前者の会社は将来を「先読み」して、戦略的に経営を
考えることができています。

「変化の激しい時代」にどちらの企業が生き残るのかは、
言うまでもないことだと思います。

そして、ここからが重要なポイントになるのですが、

 あなたの事務所はどちらの会社と付き合いますか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

こんな言い方をすると誤解をされてしまうかもしれませんが、
2021年以降の社労士事務所の経営を考えた場合には、

 クライアント(顧問先)を「選別」する時代になる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と私は考えています。

つまり、これからの社労士事務所の経営は、

 顧客に対してどのような「価値」を提供するのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ということと同時に
 ~~~~~~~~~
 どのような「顧客」と付き合うのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ということが重要になる 
 ~~~~~~~~~~~

ということです。

ビジネスにおいて最も重要なことは、

 「誰に(対象顧客)」対して

 「何を(価値)」を届けるか?

を決めることであり、これを「コンセプト」と言います。

コンセプトとは、つまり「戦略」です。

これに対して、「販売方法(マーケティング、セールス)」
というのは「戦術」レベルの話です。

 戦術は戦略に従う

という言葉があるように、「戦略」があってはじめて「戦術」
が成り立つのです。

繰り返しになりますが、これからは「誰を顧客にするのか?」
ということがとても重要になります。

ですから、社労士事務所と言えども顧客を「選別」しなければ
ならない時代に突入するでしょう。

だとしたら、2021年のあなたは

 どのような顧客と付き合いますか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~
 どんな顧客とは付き合うのをやめますか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加