私の今年のビジネステーマは、「脱・社労士事務所」です。

どういう意味かというと、「社労士を辞めましょう」という
ことではなく、

 社労士という資格や肩書に囚われるのはやめましょう!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

ですから、私はもう

 社労士事務所の経営コンサルタントと名乗るのをやめる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つもりです。

この10年間は社労士の皆さん向けに「ビジネスノウハウ」を
お伝えすることを中心に活動をしてきましたが、そろそろ
「次のステージ」を目指そうと考えています。

それは何かというと、私の本来のビジネステーマである

 「経営者のビジネスと人生のサポートをする」

という理念に忠実に仕事をするということです。

もちろん、社労士で開業されている方というのは事務所の
「経営者」ですから、私が支援をさせていただく対象者と
いうことに変わりはありません。

しかし、今後ご提供するコンテンツというのは、社労士の
「実務」からは少し離れることになるかもしれません。

なぜなら、経営者の「悩み」というのは、労働・社会保険や
人事労務管理に関することだけではないからです。

たとえば、

 「これからの事業展開をどうすれば良いのか?」

 「当社もSDGsに取り組むべきなのか?」

 「社内業務のIT化を進めるにはどうすれば良いのか?」

 「Zoomセミナーやオンライン営業を導入するには?」

といった悩みや課題を常に抱えています。

経営者からこのような相談を受けた場合であっても、

 「私は社労士なので○○はできません」

といった言い訳はするべきではないと思っています。

それでは、「社長の期待」に応えることができないからです。

このような話をすると、

 「自分は(社労士として)専門領域で仕事をしている」

という反論をされる方がいらっしゃると思います。

でも、その専門性って本当に「価値」のあるものですか?

別の言い方をすると、インターネットやITツールで代替されて
しまうものではありませんか?

もちろん、完全に代替されるまでにはまだ少し時間がかかる
かもしれませんが、ひとつだけ確実に言えることは、

 社労士の専門知識に対する「価値」は下がる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

今どき、ほとんどの情報はネットで検索すれば調べることが
できますし、HRテックの普及によってかなりの業務がIT化
されているからです。

これは社労士だけに限ったことではありません。

弁護士や税理士などの国家資格者の専門知識というのは、
どんどん「価値」がなくなってくるというのが時代の流れ
だと認識しています。

つまり、こうした専門家の「職人的な仕事」というのは、
これからはITツールによって淘汰されてしまうのです。

このような時代に求められるのは、

 ファジーな(ばやけた、曖昧な)問題を解決する力
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ではないかと思っています。

まぁ、簡単に言えば、「社長の相談相手」ということに
なるのではないでしょうか?

 そんなことを言っても、
 ~~~~~~~~~~~
 自分には経営コンサルをする知識やノウハウがない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という人も多いかもしれませんね。

でも、心配はありません。
あなた一人ですべての問題を解決する必要はないのです。

なぜなら、社長の悩みや問題を解決できる人を知っていれば、
その人を紹介してあげれば良いからです。

つまり、

 これからの時代に求められるのは「ネットワーク」や
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それを「コーディネート」する力
 ~~~~~~~~~~~~~~~

だと思うのです。

「風の時代」というのは、「情報」や「コミュニティー」の
時代ですからね。

私が2021年のテーマとして「脱・社労士事務所」を掲げている
のは、このような理由があるからです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加