こんにちは、「社労士事務所の経営コンサルタント」の萩原です。

本日は大晦日。2020年もいよいよ「最後の日」となりました。

これが年内最後のメルマガとなりますので、この1年間の活動を
振り返ってみたいと思います。

1月 助成金顧問獲得実践塾(第9期生)募集

2月 採用定着支援アドバイザー養成講座(第3期生)募集
   役員報酬最適化コンサルタント養成講座開催

3月 SDGsコンサルタント養成講座(ベーシック)開催
   SDGsコンサルタント養成講座(アドバンス)開催
   雇調金セミナー開催

4月 給与計算ベーシック講座開催
   給与計算アドバンス講座開催
   SDGsコンサルタント養成講座(プロコース)開催
   雇調金パーフェクトマスター講座販売

5月 勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座開催
   給与計算マスター講座開催

6月 雇調金ビジネスパッケージ販売
   助成金顧問獲得実践塾(第10期生)募集

7月 岡崎先生の労働法務シークレットセミナー開催 

8月 社労士サマーブートキャンプ開催    
   在宅勤務制度導入コンサルタント養成講座開催

9月 鹿内氏の出版記念セミナー開催
   社長の退職金アドバイザー養成講座開催

10月 SDGsコンサルタント養成講座プロモーション実施

11月 SDGsコンサルタント養成講座(アドバンス)開催
   奥野先生の出版記念セミナー開催
   ミニマム法人活用アドバイザー養成講座開催
   11冊目の書籍(マンガ本)を出版
   出版記念セミナー開催
   労働契約エージェント養成講座(0期生)募集

12月 SDGsコンサルタント養成講座(プロコース)開催
   ビジネス数秘活用セミナー開催
   社労士事務所のビジネス変革(BX)セミナー開催

今年の前半は、採用ビジネスとSDGsを絡めたビジネス展開を
する予定でしたが、コロナの影響によって大きな方針転換を
迫られることになりました。

そこで、3月にはいち早く「雇調金セミナー」を開催して、
その後にビデオ教材(シミュレーションソフト付)を開発
して販売を行いました。

お陰様でこの教材は、多く皆さんにご利用いただきました。
さらに、政府の緊急事態宣言を受けて、

 ・在宅勤務制度導入コンサルタント養成講座
 ・勤怠管理システム導入コンサルタント養成講座

なども開催をしました。

こうした「コロナ対応ビジネス」と並行して、経営者を
支援するためのコンテンツとして

 ・社長の退職金アドバイザー養成講座
 ・ミニマム法人活用アドバイザー養成講座

といった新しい講座もリリースすることができました。

さらに、今後のライフワークとなる活動として、

 ・SDGsコンサルタント養成講座
 ・労働契約エージェント養成講座

を開催できたことは、来年以降につながる大きな成果だった
と思っています。

また、11月末に私が原作を担当したマンガ本が出版された
のも、個人的には2020年の10大ニュースのひとつですね。

 ★キミの生涯賃金”2億円”を守る!労働契約の方法
  知らないと、絶対損をする!これからの働き方
  https://tinyurl.com/y23tunls

その他のビジネス上の変化としては、今年は圧倒的に出張が
少なくなったということ。

これまでは月に5日程度は出張(特に大阪)をしていましたが、
今年はほぼゼロになりました。

講座やミーティングはすべてZoomで開催できるようになった
ことが大きかったですね。

会社の経営上も、「旅費交通費」「会場費」といった経費が
大幅に削減されることになりました。

一方、プライベートでの変化としては、7月に自宅の引っ越し
をしたことですね。(建て替えのためです)

こちらも色々と細かいトラブルがありましたが、来年8月頃
には新居が完成する予定ですので、楽しみにしています。

以上、私の2020年を簡単に振り返ってみました。

総括すると、今年は本当にコロナに翻弄された1年でしたが、
良い意味でも悪い意味でも、大きなターニングポイントに
なったのではないかと感じています。

もちろん、私たちはまだコロナ第3波の渦中におりますので、
過去を振り返るのではなく、未来に向けてどうするのか?を
考えることが重要だと考えています。

だからこそ、こちらの教材を販売させていただいております。

 ★社労士事務所のビジネス変革(BX)セミナー(オンライン版)
  http://seminar.zenshuren.net/20201226bx/

最後になりますが、今年も1年間、メルマガをお読みいただき、
本当にありがとうございました。

こうして、(ほぼ)毎日メルマガを発行することができるのも、
読者の皆さんがいて下さってこそです。

来年も皆さんのお役に立つような情報をお届けしたいと思い
ますので、引き続きどうぞよろしくお願い致します。

2021年があなにとって素晴らしい1年になりますように。
それでは、良い年をお迎え下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加