ただいま、こちらのオンラインセミナーの販売をしております。

 ★社労士事務所のビジネス変革(BX)セミナー(オンライン版)
  http://seminar.zenshuren.net/20201226bx/

このセミナーでは、「ビジネスモデルキャンバス」というツールを
活用して、あなたの事務所の「現在地」を確認する方法について
お伝えをしております。

「ビジョン」を明確にして、「目標」が設定できたとしても、
「現在地」がはっきりしなければ何をすれば良いのかわからない
からです。

ところで、このビジネスモデルキャンバスというツールですが、
真ん中に「価値提供」を置いているところが素晴らしいのです。

これはどういうことかと言うと、

 あなたがどのような商品・サービスを提供しているのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ということではなく、
 ~~~~~~~~~~

 あなたが提供している商品・サービスが顧客に対して
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 どのような「価値」を提供しているのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを「問う」フォーマットになっているということ。

つまり、現在あなたの事務所が提供している商品・サービスを、
このフォーマットに当てはめて考えることで、ビジネスモデル
として成立しているかどうかがわかるのです。

あるいは、そのビジネスの収益性を高めるためには、どうすれば
良いのかということも教えてくれます。

たとえば、多くの社労士が提供している「相談顧問」という
サービスをビジネスモデルキャンバスに当てはめて考えてみます。

このサービスの対象顧客は、小規模な会社の経営者です。
そして、その経営者のニーズは

 「何かあったらすぐに相談したい」

ということだと仮定します。

そうすると、あなたが提供する価値というのは「問題解決」や
「安心」ということになるでしょう。

ここまでは、よろしいですね?

さて、問題はここから先の話です。

あなたはその「価値」をどのように顧客(小規模な会社の経営者)
に届けているでしょうか?

このことに関して、ビジネスモデルキャンバスでは「チャネル」
と「顧客との関係」という2つの視点から検証します。

これは別の言い方をすると、

 顧客との物理的・心理的な「接点(タッチポイント)」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のことです。

実際にキャンバスを描いてみればわかるのですが、社労士が提供
する「相談顧問サービス」には、「顧客との接点」が圧倒的に
不足しているのです。

これでは、ビジネスモデルとしては成立しないでしょう。

これは私の個人的な意見になりますが、

 社労士の「相談顧問サービス」というのは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それだけを単独で契約するというよりも、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 手続業務とセットで顧問契約の「おまけ」として
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 サービスを提供している人が圧倒的に多い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のではないかと思っています。

もっとストレートに言えば、「相談顧問サービス」だけで
顧問契約を獲得している社労士は、殆どいないというのが
現実ではないでしょうか?

もちろん、「私は相談業務だけで顧問契約を獲得している」
という方も中にはいらっしゃると思います。

でも、それって「ある特定の顧問先だけ」ではありませんか?

もし、

 自分は手続業務など一切やらずに、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~
 相談顧問だけで年間1000万円以上の売上をあげている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という社労士がいたら、ぜひお目に掛かりたいものです。

では、「相談顧問サービス」というのはビジネスにならない
のでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

その答えを知りたい方は、こちらのオンラインセミナーをご覧
下さい。

 ★社労士事務所のビジネス変革(BX)セミナー(オンライン版)
  http://seminar.zenshuren.net/20201226bx/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加