冒頭でもお伝えをしました通り、こちらのセミナーの受付は
本日で終了します。

 ★社労士事務所のビジネス変革(BX)セミナー
  http://seminar.zenshuren.net/20201226bx/

実は、このセミナーにご参加をいただいた方への特典として、

 私の個別コンサル(60分間)をご案内
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

しようと思っています。

残念ながら有料でのコンサルにはなりますが、リーズナブルな
お値段でご提供をさせていただきますので、ご安心下さいね。

ただし、セミナーにご参加をいただき、しっかりとビジネス
モデルキャンパスを描いていただいた方というのが条件です。

なお、ご相談いただく内容は、あくまでも「事務所のビジネス
変革」に関することになりますので、あらかじめご了承下さい。

あなたが私の個別コンサルを受けるメリットは、自分ひとりで
考えるよりも遥かに短時間で、かつ効果的なアドバイスが受け
られることだと思います。

ぜひ、「社労士事務所の経営コンサルタント」である私の知識
・経験、ノウハウを思う存分に使い倒して下さい。

ただし、セミナーの受付は本日で終了となります。

 ★社労士事務所のビジネス変革(BX)セミナー
 http://seminar.zenshuren.net/20201226bx/

さて、上記のセミナーで私が一番お伝えしたいことは、

 まずはあなたの「現在地」をしっかりと確認しましょう
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

別の言い方をすると、

 あなたの事務所のコンセプトを「定義」する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになります。

「定義」するというのは、「自分の言葉で説明できる」という
ことです。

具体的には、

 ・誰に対して(顧客対象)

 ・何を(商品・サービス)

 ・どのように提供して(マーケティング、セールス)

 ・いくらの売上をあげているのか?(売上、利益)

という「ビジネスモデル」はもちろん、

 ・なぜ、社労士事務所の経営をしているのか?

 ・将来はどのような事務所を目指しているのか?

といった経営理念や経営ビジョンを含めて、きちんと自分の
言葉で説明ができなければなりません。

これは昨日もお話をしましたが、私は社労士の皆さんには
「ズームアウト思考」が不足しているのではないかと考えて
います。

「ズームアウト思考」とは、全体を俯瞰して考えるという
ことです。

これに対して、部分から入る思考は「ズームイン思考」に
なります。

「ズームイン思考」の場合、すぐ目の前にある事柄ばかりを
見てしまい、狭い判断しかできなかったり、場当たり的な
対応になってしまうことがあります。

あなたは日常業務が忙しいことを理由に、直面する問題を
何とかしようということばかりに終始していることはない
でしょうか?

もちろん、それも大事なことですが、時には3年先、5年先の
自分の姿や事務所のイメージを意識しておかないと、正しい
判断が下せなくなってしまうリスクがあります。

特に、今のように「変化の激しい時代」においては、この
「ズームアウト思考」がとても重要になってきます。

そのために必要となるのが、「分類」と「構造化」です。

「分類」とは、物事を分けて考えること。
「構造化」とは、物事を整理することです。

この「分類」と「構造化」という思考プロセスを経ることで、
あなたの事務所のコンセプトが見えてくるはずです。

具体的なやり方については、こちらのセミナーでお伝えします。

 ★社労士事務所のビジネス変革(BX)セミナー
  http://seminar.zenshuren.net/20201226bx/

繰り返しになりますが、本日で受付終了です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加