ただいま、こちらのセミナーのご案内をしております。
(25日で受付終了です)

 ★社労士事務所のビジネス変革(BX)セミナー
  http://seminar.zenshuren.net/20201226bx/

このセミナーでは、「ビジネスモデルキャンパス(BMC)」という
フォーマットを活用して、あなたの事務所の「あるべき姿」を
考えていただきます。

しかし、将来の「あるべき姿」というのは、いきなり考えられる
ものではありません。

その前に、やらなければならないことがあります。

それは、現在のあなたの事務所をビジネスの視点できちんと
「定義」することです。

その理由は、昨日のメルマガでもお伝えをした通り、転換期を
前向きに乗り越えるためには、

 「何を始めるか?」ではなく「何を終わらせるか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということが重要だからです。

ですから、現在のあなたの事務所について、

 どのような「思い(理念)」に基づいて、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 どのような「事業」を行い、 
 ~~~~~~~~~~~~~
 どのような「商品・サービス」を提供しているのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

ということを明確にしておく必要があるのです。

さらに言うならば、その事業(商品・サービス)を通じて

 どのような「顧客」に対して
 ~~~~~~~~~~~~~
 どのような「価値」を提供しているのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということも考えてみて下さい。

ところで、この作業をするにあたって、改めてお伝えをして
おきたいことがあります。

それは、

 「顧問契約」というのはひとつの契約形態であって、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あなたが提供している商品(サービス)ではない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

顧問契約であなたが提供している商品(サービス)というのは、
たとえば以下のようなものになります。

 ・書類作成・提出代行サービス

 ・給与計算サービス

 ・就業規則作成・見直しサービス

 ・助成金申請サービス

 ・法改正情報提供サービス

 ・労務管理相談サービス
 
 ・賃金・人事コンサルティング

 ・年金事務所調査対応サービス

 ・労基署調査対応サービス
 
 ・ハローワーク求人票作成サービス

その他にもまだあるかもしれませんが、ここでのポイントは
具体的な業務レベルにまで分解して考えるということです。

なぜなら、それぞれの商品(サービス)ごとに、対象となる
顧客は異なっているからです。

それなのに、

 社労士の多くはこれらのすべてを包括して
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「顧問契約」という「都合のよい言葉」で
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 誤魔化してしまっているのです。
 ~~~~~~~~~~~~~~
 

あなたが自分の事務所(の業務内容)をきちんと定義できない
最大の原因はここにある、と私は考えています。

まずは「現状のビジネス」をきちんと定義をして、少なくても

 ・やめる(縮小する)べきサービス

 ・継続(現状維持)すべきサービス

 ・継続(拡大する)べきサービス

 ・新たに取り組むべきサービス

のような方向性については決めておく必要があるでしょう。

その具体的なやり方については、こちらのセミナーでお伝え
したいと思います。

 ★社労士事務所のビジネス変革(BX)セミナー
 http://seminar.zenshuren.net/20201226bx/

ただし、明日(25日)で受付終了となります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加