上記でもご案内をさせていただいております通り、26日(土)に
以下のセミナーを開催します。

 ★社労士事務所のBXセミナー(予告編)
  https://youtu.be/kb2OpwNmOX0

私はここで敢えて「ビジネス変革」という言葉を使っておりますが、
もちろんこの表現にはちゃんと意味があります。

私は、社労士事務所の経営を見直す方法には、以下のような
「3段階のレベル」があると思っています。

 レベル1: 商品・サービスの見直し(改善)

 レベル2: 事業の見直し(改革)

 レベル3: 事務所そのものの見直し(変革)

順番に説明をしていきましょう。

「商品・サービス」の見直しとは、「給与計算」や「助成金」、
「就業規則」のサービス内容を変更(改善)することです。

 「改善」とは、物事をよい方に改めることです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どちらかというと、「悪い所を少しずつでも良くする」という
ニュアンスが強いですね。

たとえば、給与計算をするのに勤怠管理システムを導入したり、
Web給与明細書に変更したりすることです。

次に、「事業」の見直しですが、これは新しい事業に取り組む
場合や、既存の事業を「改革」するケースです。

 「改革」とは、基盤を維持しつつ、改め変えることです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

基盤というのは、「基本となる大事な部分」のことですから、
これを残しつつ変更を加えるということです。

たとえば、助成金に加えて新たに「補助金サービス」を始める
とか、書類作成・提出代行業務を「ITツール導入コンサル」の
事業に変えるといったことです。

そして最後は、事務所そのものを見直す「変革」レベルです。

「変革」とは、物事を変えて新しくするということですが、
ここでのポイントは

 「すでにあるものを100%変える」
 ~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

別の言い方をすると、

 「すべてを破壊して、新しく作り上げる」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言っても良いでしょう。

これを英語にすると「トランスフォーメーション」ということに
なるのです。

これからの時代(風の時代)に求められているのは、この「変革」
なのです。

これで、今回のセミナーのタイトルが、

 社労士事務所の「ビジネス変革(BX)」セミナー
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

となっている理由がおわかりいただけたと思います。

では、具体的に社労士事務所をどのように「変革」して行けば
良いのでしょうか?

そのためには、まず事務所(あなた自身)の「在り方」を明確に
する必要があります。

 なぜ、社労士として開業したのか?

 あなたは、世の中にどのような貢献がしたいのか? 

これからの時代に合わせてあなたの事務所を「変革」するため
には、まずはここからスタートしなければなりません。

だからこそ、こちらのオンラインセミナーをご受講いただき、
まずは自分のことを理解べきだとお伝えしているのです。

 ★ビジネス数秘活用セミナー(オンライン講座)
  https://forms.gle/Lm42SuymKBxevnK77

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加