昨日は、労働トラブルを「予防」するためには、トラブルを
引き起こしている「原因」を探る必要がある、という話を
させていただきました。

そして、私が考えているその「原因」とは、以下の2つである
こともお伝えをしました。

(1)労働契約に関する知識不足
(2)働くことについて学ぶ機会がない

この2つの「原因」を取り除くために必要とされる役割(職業)
が「労働契約エージェント」なのです。

「労働契約エージェント」の具体的な活動内容については、
こちらのセミナーでご紹介をさせていただきます。

 ★出版記念オンラインセミナーへのご参加はこちら
  http://seminar.zenshuren.net/20201126shuppan/

さて、私たち社労士の本来の役割は労働トラブルを「予防」
することであることは、繰り返しお伝えをしてきました。

しかし、クライアントに対してきちんと「予防法務」の指導が
できるためには、ひとつ重要なポイントがあります。

それは、

 もし、労働トラブルが起きてしまった場合には、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 会社(社長)にとってどのような悲惨な状況になるかを
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いかに「臨場感」を持って伝えることができるか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

たとえば、あなたは

 ・労基署の調査が入って「未払い残業代」の指摘を受けたら?

 ・解雇した社員が労働組合に駆け込んだら?
  
 ・社員からハラスメントで訴えられたら?

 ・ハラスメントを受けて「うつ病」になったと言われたら?
 
 ・突然、「退職代行会社」から連絡があったら?

 ・採用した社員に「てんかん」の持病があることが判明したら?

といった「悲惨な事例」をいくつ知っていますか?

もちろん、教科書的なケーススタディーではなく、現場で発生した
「リアルな事例」です。

経営者に対して「予防法務」の話をする場合、

 「法律で決まっていますので守らなければいけません」

と言ったところで、あまり効果がないのはあなたもご存知のこと
だと思います。

しかし、

 「もしトラブルになった場合には、こんなに悲惨なことに
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  なってしまいますよ。実際に私の顧問先では・・・」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と話をした方が遥かに説得力があるはずです。

ですから、あなたが「労働契約エージェント」として活動して、
労働トラブルを予防しようとするのであれば、「生のトラブル
事例」をできるだけたくさん経験しておく必要があるでしょう。

ちなみに、私たちは労働法専門弁護士の岡崎先生の指導の下、
毎月研究会を開催して、トラブル事例を共有する活動を行って
います。

 ★労働法務アドバイザー協会(労働法務実務研究会)
  https://www.roudou-adviser.com/index.html

次回の会員募集は来年1月を予定しておりますので、
労働契約エージェントを目指す方はぜひこちらの研究会にも
ご参加下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加