ただいま、「ミニマム法人活用コンサル」の魅力についての
お話をさせていただいております。

なぜ、私がこのビジネスを強く推奨しているのかというと、

 既存の社労士業務とはまったく違う「新規事業」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。

アンゾフの成長マトリクスで言えば、「新市場開拓」。

すなわち、

 これまで私たち社労士の顧客対象ではなかった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「個人事業主」という新たしいマーケットを開拓しましょう
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というご提案です。

「新市場開拓」ですから、既存のビジネスに新たな売上が
「プラスオン」されることになります。

その金額は、少なく見積もっても年間500万円以上、多少の
ビジネスセンスがある方なら1000万円以上は確実に稼げると
思います。

本格的に取り組むのであれば、職員を雇って給料を支払っても
十分にペイできる新規事業です。

しかも、このビジネスの大きな魅力は

 非常に手離れが良い
 ~~~~~~~~~

ということ。

たとえば、「助成金ビジネス」と比較してみれば、その効率の
良さは一目瞭然です。

一般的な助成金ビジネスの場合、

 ・計画書の作成、届出をする

 ・要件に該当するように就業規則の変更、届出をする

 ・半年間の労務管理(賃金台帳、出勤簿のチェック)を行う

 ・申請書の作成、添付書類の準備をする

というような「作業」があります。

これに対して得られる報酬は、10~15万円程度でしょう。
しかも、報酬が入金されるまでの期間が非常に長い。

これに対して「ミニマム法人活用コンサル」は、3回程度の
面談(Zoomでも可能)でコンサルが完結してしまいます。

実際の作業時間(ソフトを使ったシミュレーションなど)は、
わずか30分程度です。

それなのに、40~50万円のコンサル報酬をいただくことが
できるのです。

もちろん、「ミニマム法人活用コンサル」をフロントエンド
商品にして、助成金コンサルの重ね売りをすることだって
できるのです。

はっきり言って、

 こんな素晴らしいビジネスモデルと出会うことは
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 滅多にあるものではありませんよ!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

このチャンスを生かすも殺すも、あなたの決断ひとつです。

詳しい内容は、こちらのビデオセミナーで公開しています。
(第2部のミニマム法人活用アドバイザー養成講座の説明で)

 ★奥野先生出版記念ビデオセミナーのご案内
  http://seminar.zenshuren.net/20201105shuppan/

明日で販売終了となります。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加