さて、冒頭でも述べた通り、本日は奥野先生の出版記念セミナー
をオンライン(Zoom)で開催することになっています。

こちらの2冊の「ダブル出版記念セミナー」です。

 ★個人事業+ミニマム法人でフリーランスの年金・医療保険が充実!
  https://tinyurl.com/y3on2n5o

 ★個人事業主・フリーランスの年金不安をなくす本
  https://tinyurl.com/y4jb3wjg

実は、本日の出版記念セミナーでは、ご参加される皆さんに対して、

 これから確実に生まれる「新しい市場」に、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 社労士として参入しませんか?
 ~~~~~~~~~~~~~~

というご提案をしようと思っています。

それは何かというと、「フリーランス」という市場です。

コロナの影響などもあり、このところウーバーイーツの配達員
として働く人たちが増えています。

ところで、ひと口にフリーランスと言っても、以下の4つのタイプ
があるようです。

<副業系すきまワーカー>
 会社員としての給料を得ながら、空いた時間で副業をする
 フリーランス。副業であるため、ほとんどの方が年収10万円未満。

<複業系パラレルワーカー>
 空き時間や休日に行う副業とは違い、プロフェッショナルとして、
 2社以上の企業と契約ベースで仕事をしているフリーランス。

<自由業系フリーワーカー>
 複業のように、企業との雇用関係がない独立したフリーランス。
 最近話題のブロガーやユーチューバーがこれにあたります。

<自営業系独立オーナー>
 個人事業主または1人で法人経営をしているフリーランス。
 税理士や弁護士などの士業がこれにあたります。

以上、(株)ランサーズの「フリーランス実態調査」より。

いずれにしても、これからはより一層「働き方」が多様化することは
確実ですので、フルーランスが増えることは確実でしょう。

では、この世の中の大きな流れを社労士のビジネスに生かす方法は
ないか?ということです。

それが、実はあるんですね。
本日の出版記念セミナーでは、そんなご提案をさせていただきます。

これまでの社労士の常識では、こうしたフリーランス(個人事業主)
というのは顧客対象にはなりませんでした。

なぜなら、法人でなければ社会保険に加入する必要がないからです。
しかし、この人たちが法人を設立するのであれば話は別です。

社会保険の新適や算定などの業務が発生するからです。
そして、ここに大きなマーケットが生まれます。

ただ、問題は

 どんなサービスを提供して、お金をいくらもらうのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

つまり、「ビジネスモデル」の設計です。

これを考えることができないと、ビジネスとして成立しません。
反対に、それができれば大きなチャンスがあるということです。

たとえば、個人事業でビジネスをしている

 飲食店、美容室、ネット起業家、ITコンサルタント

といった人たちをすべて顧客にすることができます。 

これらの人たちは、これまで社労士の顧客にはならなかった
人たちです。

つまり、新しいマーケットを創造できるということです。
そう考えると、なんだかワクワクしてきませんか?

本日のセミナーではそんな話をしますので、ご参加される方は
どうぞ楽しみにしていて下さいね。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加