冒頭でお伝えをしました通り、ただいま10日間限定でこちらの
ビデオを公開しております。

 ★社長の退職金アドバイザー養成講座(ガイダンスビデオ)
  https://youtu.be/qSCftJs4DE0

おそらく、あなたもこれまでに一度位は

 「役員退職金規程の作成をして欲しい」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という相談を受けたことがあるのではないでしょうか?

なぜかと言うと、私たち社労士は「規程作成の専門家」だと
思われているからです。

それに、日頃から就業規則と一緒に従業員の「退職金規程」の
作成もしていますからね。

だから、役員退職金規程も社労士に相談すれば良いだろうと
思われているわけです。

では、そんなあなたに質問をします。

 「役員退職金規程を有料で作成したことはありますか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この質問に対しては、ほとんどの人が「No」と答えるのでは
ないでしょうか。

なぜなら、役員退職金規程の作成に自信がないからです。

だから、インターネット上で見つけた「ひな型」を渡して、
お茶を濁している人がほとんどではないかと思っています。

しかし、これは非常にもったいないことです。
せっかくのビジネスチャンスを捨てているようなものです。

ご存知の通り、経営者の高齢化が進み(社長の平均年齢は
60歳です)、これから引退をする役員が次々と発生してくる
ことは確実です。

その時に必要になるのが、「役員退職金規程」です。

だから、私たち社労士に相談が来るのですが、

 「役員の退職金規程は税理士の専門分野ですから、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  税理士に相談してはいかがですか?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんて言って逃げている人はいませんか?

実は、この認識も間違っています。

税理士というのは、支払った退職金に関する税金に関しては
専門家ですが、役員退職金規程作成の専門家ではありません。

では、役員退職金規程作成の専門家は誰なのか?
実は、誰もいないというのが実態なのです。

そこで、このたびこのような講座を開催することにしました。

 ★社長の退職金アドバイザー養成講座(ガイダンスビデオ)
  https://youtu.be/qSCftJs4DE0

あなたも、「役員退職金規程作成の専門家」になりませんか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加