前号のメルマガでは、新しい市場において「ファーストワン」の
ポジションを獲得するための重要なポイントは、

 自分なりの「定義」や「体系」を作ってしまう
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ことである、とお伝えをしました。

ちょっとわかり難いと思いますので、具体的な事例でご説明を
しましょう。

私は3年ほど前から「働き方改革支援コンサルティング」という
ビジネスに取り組んでいます。

このビジネスを開始した当時は、

 「働き方改革」という言葉は聞いたことがあっても、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 具体的に何をすればよいのかわからない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という中小企業がほとんどでした。

ちょうど、今の「SDGs」とまったく同じような状況です。

そこで、私がまず行ったことは、

 「働き方改革」という言葉を定義する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

私は「働き方改革」を次のように定義しました。

 「働き方改革」とは、
 ~~~~~~~~~~

 社員が働きやすい職場環境を整備し、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

 社員区分ごとに適切なキャリア支援を行うことにより、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 (社員の「働きがい」を支援することにより)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 社員のスキルアップ・モチベーションアップを図り、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 労働生産性を高め、企業の業績アップを目指すための
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「人材活用戦略」である。
 ~~~~~~~~~~~~

そして、これを実現させるためには、企業として以下に示した
「10のテーマ」に取り組む必要があります、と訴えたのです。

 ・多様な働き方

 ・非正規社員の待遇改善

 ・女性の活躍推進
 
 ・若者の雇用促進

 ・高齢者の就業支援

 ・育児と仕事の両立支援

 ・介護と仕事の両立支援

 ・長時間労働の是正
 
 ・ハラスメント対策

 ・人材開発、キャリア支援
 

さらにこれらの「10のテーマ」を、「法令遵守」「安全配慮」
「キャリア支援」という3つのカテゴリーに分類をして、

 働きやすく、働きがいのある職場とは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 「法令遵守」「安全配慮」「キャリア支援」の
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 3つがバランス良く提供されている職場であり、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それを整備することで
 ~~~~~~~~~~

 社員のスキルアップ・モチベーションアップが図られる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ことで労働生産性が向上し、
 ~~~~~~~~~~~~

 結果として「企業の業績アップ」につながる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを経営者に伝えました。

こうすることで、経営者は「働き方改革」をより身近に感じる
ことができ、コンサル依頼へとつなげることに成功したのです。

要するに、私が何をやったのかというと、

 「働き方改革」に取り組むと会社が儲かる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを、体系的・構造的に伝えたということです。

もちろん、以上のことはすべて私が独自に考えた「定義」
であり「体系」ですから、正しいかどうかはわかりません。

でも、「私はこう考えています」という意見を述べることは
自由なわけです。

そして、その効果は絶大でした。
セミナーや講演会で私の説明を聞いた経営者からは、

 「働き方改革ってそういうことなのね」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言ってとても感謝されたことを思い出します。

これが新しい市場で「ファーストワン」のポジションを獲得
するためのポイントであり、ビジネスの醍醐味でもあると
私は考えています。

そこで、「SDGsビジネス」です。

先ほど述べたように、今の状況は3年前の「働き方改革」と
非常によく似ています。すなわち、

 「SDGs」という言葉は聞いたことがあっても、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ウチの会社では具体的に何をすればよいのかわからない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という中小・零細企業が山ほどいるのです。

ということは、どうすれば「ファーストワン」のポジションを
獲得できるのはについては、もうおわかりですよね?

具体的なやり方については、こちらでお伝えをします。

 ★SDGsコンサルタントになる方法セミナー&説明会
  https://semeru-shigyo.com/sdgs-seminar-5

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加