昨日は、

 SDGsビジネスは2030年までは絶対になくならない。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 SDGsビジネスに取り組めば向こう10年間は安泰である。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というお話をしました。

だからこそ、私はこうして皆さんにSDGsコンサルビジネスを
お勧めしているわけです。

 ★中小企業向けSDGsコンサルティング無料オンライン講座
  https://semeru-shigyo.com/sdgs-10

しかし、私が社労士の皆さんにSDGsビジネスを勧める理由は、
それだけではありません。

 SDGsというのは社労士ビジネスとの親和性が非常に高い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのも理由のひとつです。

たとえば、社労士にとってSDGsのゴールでわかり易いのは、

 ゴール8:働きがいも経済成長も
 ~~~~~~~~~~~~~~~

だと思います。

これは、

 すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 生産的な完全雇用およびディーセントワークを推進する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という目標(ゴール)です。

まぁ、ひと言でいえば「働き方改革」ということになります。

つまり、

 「働き方改革」を推進するということは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 別の言い方をすればSDGsへの取り組みをしている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになるんです。

加えて、「ディーセントワーク」という概念についてご説明を
しておきましょう。

ディーセントというのは日本語に訳すと「ちゃんとした」とか
「きちんとした」という意味で、厚生労働省ではディーセント
ワークを以下の4つの定義をしています。

(1)働く機会があり、持続可能な生計に足る収入が得られること

(2)労働三権などの働く上での権利が確保され、職場で発言が
   行いやすくそれが認められること

(3)家庭生活と職業生活が両立でき、安全な職場環境や雇用
   保険、医療・年金制度などのセーフティネットが確保され、
   自己の鍛錬もできること

(4)公正な扱い、男女平等な扱いを受けること

 いかがでしょう?
 ~~~~~~~~

 これって、まさに社労士の仕事そのものではありませんか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このように考えれば、私たち社労士がSDGsコンサルタントに
なるというのは、必然の流れなのです。

もちろん、SDGsには17のゴールがありますので、ゴール8に
だけ取り組んでいれば良いというわけではありません。

しかし、社労士であるならば、少なくてもSDGsの全体像を理解
しながら、ゴール8についての専門家であるというポジションを
獲得するべきではないでしょうか?

私は、これからの社労士というのは、以下の2種類に分かれると
考えています。

 ・SDGsのコンサルティングができる社労士
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ・SDGsのコンサルティングができない社労士
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どちらの社労士が「顧客」や「社会」から選ばれるのかは、
言うまでもないことでしょう。

SDGsコンサルビジネスは、まだ始まったばかりです。
今から参入しても、まだ十分に間に合いますよ。

 ★中小企業向けSDGsコンサルティング無料オンライン講座
  https://semeru-shigyo.com/sdgs-10

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加