昨日は、「社労士サマーブートキャンプ」の定例ミーティングを
開催しておりました。

前回(2週間前)に出させていただいた課題である、

 「事務所コンセプト」の見直し
 ~~~~~~~~~~~~~~

についてご発表をいただき、私の方からフィードバックをさせて
いただきました。

復習をしておきますと、事務所コンセプトというのは経営理念の
ようなものであり、あなたが社労士事務所を経営している理由や
目的のことです。

これに対して、「事業コンセプト」というのは商品やサービスを
どのように販売するのかというビジネスモデルのことです。

具体的には、

 事業コンセプトは「何(商品・サービス)」を
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「どのように(集客・販売)」を考えること
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

であり、たとえば社労士事務所の場合であれば、

 ・在宅勤務制度のコンサルを助成金を活用して提案する 

 ・雇調金の提案をしながら顧問契約の提案をする

 ・勤怠管理システムの提案しながら給与計算を受託する

といった感じになります。

ただ、これは「売り手側の視点」に偏ってしまっており、
私たち社労士が顧客にどのような「価値」を提供できている
のかが見えてきません。

もちろん、契約を獲得する手法(テクニック)としては大事な
ことだとは思います。

しかし、そこには

 「なぜ、そのサービスを提供しているのか?」

というあなたの「思い」「熱意」がまったく感じられません。

そこで、「事務所コンセプト」を明確にしてそこを補完しておく
必要があるのです。

事務所コンセプトを明確にするためには、

 あなたの顧客がどうなって欲しいのか?を意識する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということがポイントです。

つまり、

 事務所コンセプトとは、「誰(あなたの顧客)」が
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「どうなるのか?(どのような価値を感じるのか?)」を考える
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

もう一度よくご覧をいただきたいのですが、

 事業コンセプトは、「何(商品・サービス)」を
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「どのように(集客・販売)」を考えること
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

でした。

2つの違いは、視点がどこにあるかということです。
「顧客視点」なのか、「自分視点」なのか。

事務所コンセプト(理念、思い)から生み出された事業コンセプト
(商品・サービス)だからこそ、顧客に対して説得力のある提案が
できるようになるのです。

これが「ブランディング」の基本です。
なぜなら、ブランドとは「顧客との約束」だからです。

あなたの事務所は、顧客からどのような「ブランド」として認識
されているでしょうか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加