昨日は、

 「事務所コンセプト」と「事業コンセプト」に整合性がないと
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 やっていることに一貫性がないと思われてしまう
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということをお伝えしました。

本当は中小企業の労働環境を改善するために社労士になったのに、
小手先のテクニックで助成金を獲得するようなサービスを提供
していては、

 言っていることと、やっていることが違う
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになってしまうのです。

もちろん、そんなことは気にしないという顧客もいるでしょう。

また、顧客ニーズのある商品・サービスを提供している限り、
契約も獲得できるし事務所の売上もあがるかもしれません。

しかし、自分の気持ちにウソをつくことはできません。

本当はやりたくない仕事を、お金のためだけにやり続けることは
苦痛以外の何ものでもありませんからね。

何よりも、そのような心持ちで仕事をしていると、表情や態度と
いった非言語によって、顧客に対してもあなたのネガティブな
感情が伝わってしまうものです。

そのようなビジネスをいつまでも続けていても、あなたも辛いで
しょうし、顧客にとっても不幸なことです。

だからこそ、事務所コンセプトと事業コンセプトを一致させる
必要があるのです。

すなわち、

 私の事務所の経営理念は〇〇なので、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 だから私はこのような商品・サービスを提供しています。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と胸を張って言えるようになるということ。

別の言い方をすると、「使命感を持って仕事をする」という
ことです。

そうすることによって

 言っていることと、やっていることが一致している状態
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

となり、そのような一貫性を持って仕事に取り組んでいる人は
顧客からも信頼されるのです。

 あなたは、どのような使命感で社労士の仕事をしていますか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その使命感をカタチにすると、どのような商品・サービスを
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 開発することができるでしょうか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~ 

明日開催するオンラインセミナーでは、そんな話もしたいと
思っています。

 ★補助金を活用して社労士事務所を変革する方法
  https://youtu.be/HOFoSa03IEo

  日時:8月21日(金)17:00~18:00
  場所:Zoom会議室
  参加費用:無料

  → オンラインセミナーへのご登録はこちら
    https://forms.gle/PEmWoc4oNpuGjGxH9

本日で受付を終了します。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加