コロナ第2波が本格的にやってきました。
今回の特徴は、東京以外の地方での感染が広がっていることです。

高齢者が多く、かつ医療体制が整っていない地域では危機的な
状況になりつつあります。

Go To キャンペーンをやっている場合ではありませんね。

このままの状況を放置しておくことは到底できませんので、
何らかの強制力を持った自粛要請が出されるのも時間の問題
ではないかと思います。

その時に備えて、今から準備しておくべきことは、在宅でも
仕事ができる「仕組みづくり」です。

そのやり方をお伝えするのがこちらの講座です。

 ★在宅勤務制度導入コンサルタント養成講座
  http://seminar.zenshuren.net/20200803zaitaku/

しかし、在宅勤務制度を導入する提案をしても、

 「ウチの会社は〇〇だから無理」

という会社が多いのも事実です。

たしかに、製造業や飲食業、接客・サービス業などでは在宅で
仕事をするのは難しいでしょう。

でも、今の状況が続くのであれば、雇用調整助成金を活用して
社員を「休業」させなくてはならない企業は多いと思います。

何が言いたいのかというと、私たちがこれから企業に対して
提案をしなければならないのは、

 「休業」と「在宅勤務」を組み合わせた
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ハイブリッド型の雇用維持対策
 ~~~~~~~~~~~~~~

だということです。

つまり、売上の低迷が続く中でも、雇用を維持しながら事業
活動を継続するためには、

 雇調金を活用した計画的な「休業」の実施と、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 自宅でも仕事ができる「在宅勤務制度」の導入
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が必須になるのです。

ですから、雇調金の申請をしている会社に対しては、ぜひ
在宅勤務制度導入コンサルの提案をしてもらいたいのです。

提案をして断られたとしても、それでいいじゃないですか。
(あなたが失うものは何もありません)

でも、もしかしたら、

 在宅勤務制度を導入(実施)したいと思いながらも、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「何をすればよいのかわからない?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「どこから手をつければよいのかわからない?」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という会社(経営者)があなたからの提案を待っているかも
しれないのです。

だから、ぜひ勇気を出して提案をしてもらいたいのです。
コンサルティングのやり方は、こちらの講座でお伝えします。

 ★在宅勤務制度導入コンサルタント養成講座
  http://seminar.zenshuren.net/20200803zaitaku/

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加