ただいま、在宅勤務制度を導入するための「7つのステップ」に
ついてお伝えをしております。

 ステップ1 導入目的・基本方針の策定 

 ステップ2 現状把握・導入方針の決定 ← 今はココ

 ステップ3 導入スケジュールの策定

 ステップ4 社内管理体制の整備

 ステップ5 社員教育

 ステップ6 トライアル導入と評価

 ステップ7 本格導入

これまで、

 ステップ1の「導入目的&基本方針の策定」

 ステップ2の「現状把握&導入方針の決定」

についてお伝えをしてきました。

残りまだ5つのステップがありますが、私たちが在宅勤務制度の
導入コンサルをする上で大事なのは、実はこの2つのステップ
なのです。

別の言い方をすれば、在宅勤務制度を導入して、きちんと運用が
できるかどうかは、ここまでのプロセスでほぼ決まってしまうと
言っても良いでしょう。

ですから、ここまでのプロセスにはじっくりと時間をかけて、
しっかりと取り組んでいただきたいと思います。

もちろん、私たちが提案しようとしているのは、

 BCP(事業継続プラン)の一環としての在宅勤務制度導入
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ですから、「まずは導入をする」という考え方も重要です。

また、小規模事業所への提案の入口としては、ハードルをあまり
高くしない方がよいという考え方も、その通りでしょう。

しかし、コンサルタントの目線としては「今後のあるべき姿」を
イメージしながら導入を進めなければなりません。

クライアントに対しては、

 「これからは原則、在宅勤務」

ということを前提にして、「仕事のやり方」「情報共有」
「顧客対応」「コミュニケーション」などを見直すことの
必要性を訴える必要があるということです。

そういえば、

 チャットワークとZoomが連携できるようになった
 https://blog-ja.chatwork.com/2020/07/zoom.html?m=1

という案内がありましたね。

これによって、チャットでやりとしている最中でも、
必要に応じてテレビ会議に切り替えることができるように
なりました。

わざわざZoomアプリを開いてURLを取得して、それをコピペ
する必要がなくなったわけです。

ただし、チャットグループ内で発行されたURLは1回限りしか
使用できないみたいなので、継続的なミーティングを開催する
場合には、これまで通りにZoomアプリでのURLを取得する必要
があるみたいです。

それでも、こうしたITツールが無料もしくは非常に安価に利用
できるということは、画期的としか言いようがありません。

このように、

 ITツールはどんどん進化して行っていますので、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それに合わせてビジネスやコミュニケーションのスタイルも
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 変化をさせて行かなければならないのです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

したがって、在宅勤務制度を導入するのであれば、

 ・情報共有ツール

 ・コミュニケーションツール

に関する「導入方針」についても明確にしておかなければ
なりません。

そのためにも、業務フローの分析を行い、仕事の進め方も
見直しをする必要があるのです。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加