ただいま、在宅勤務制度を導入するための「7つのステップ」に
ついてお伝えをしております。

 ステップ1 導入目的・基本方針の策定 

 ステップ2 現状把握・導入方針の決定 ← 今はココ

 ステップ3 導入スケジュールの策定

 ステップ4 社内管理体制の整備

 ステップ5 社員教育

 ステップ6 トライアル導入と評価

 ステップ7 本格導入

昨日公開しましたこちらのビデオはご覧になりましたか?

 ★ネット接続環境に関する対談ビデオ
  https://youtu.be/UdFev-sNOwc

 ・小規模な会社が在宅勤務制度を導入するための注意点

 ・小規模事業所ではセキュリティー対策が必要ない?

 ・ネット接続環境の問題を分解して考える3つの視点

 ・なぜ、自宅のネット接続環境が整備できていないのか?

 ・ネット接続環境チェックリストとは?

 ・在宅勤務制度は作ったけど運用ができない理由

ところで、インターネット回線のスピードを確認する方法は
とても簡単です。

たとえば、「Google」での検索。

「スピードテスト」というキーワードを入力すると、最上位に
「インターネット速度テスト」が表示されます。

説明文の右下にある「速度テストを実行」ボタンを押せば、
速度判定が行われます。

測定時に表示される速度は、自宅のほか、回線を利用している環境
での実際の速度(※実行速度)を示します。

ちなみに、私の事務所のテスト結果は以下のように表示されました。

 ダウンロード:93.3Mbps
 アップロード:92.0Mbps
 レイテンシ: 6 ミリ秒
 サーバー: Tokyo

 インターネット速度は非常に高速です。
 このインターネット接続では、同時に複数のデバイスでの HD 動画の
 ストリーミング、ビデオ会議、ゲームを処理できます。

このスピードテストでわかることは名前の通り、インターネット回線
の通信速度です。

利用したサイトによって多少の違いはあるものの、次のような項目が
表示されることが一般的です。

<ダウンロード(下り)速度>
 サイトの閲覧や動画の視聴、データ受け取りなどをする際のスピード

<アップロード(上り)速度>
 メール送信やLINEの送信、SNSへの写真アップなどをする際のスピード

<レイテンシ(Latency)>
 伝送遅延時間と呼ばれる「応答速度」のこと。
 サーバーにコンタクトしてから送り返されてくるのにかかった時間、
 通信のタイムラグを示す。

一般的には通信速度が遅いか速いかはダウンロード速度を見て判断される
ことが大半ですので、サイト閲覧や動画視聴といった利用シーンでの速度
を調べる際には、まずダウンロード速度をチェックしましょう。

ただし、ライブ配信などデータ通信量が多いコンテンツを利用する場合は、
レイテンシも重要になります。

上り・下りの速度とは違い、こちらは数値が高いほどタイムラグが発生
しやすくなり、値が小さいほど通信速度が速いと言えます。

スピードテストの結果、回線速度が遅い(50Mbps以下)の場合には、
改善が必要になります。

ちなみに、スピードが遅い場合には以下のような原因が考えられます。

 ・回線が混雑している

 ・パソコン、スマホのスペックの問題

 ・ルーターなどの接続機器の問題

 ・ケーブルの問題

 ・回線の最大速度が遅い(契約プランの問題)

 ・プロバイダーの問題

ここから先の具体的な解決策については、インターネットの専門家に
相談する必要がありますが、在宅勤務制度導入コンサルタントとして、
回線速度をチェックする程度のことはできるはずです。

以上のことを前提に、こちらのビデオをご覧になってみて下さい。

 ★ネット接続環境に関する対談ビデオ
  https://youtu.be/UdFev-sNOwc

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加