ただいま、在宅勤務制度を導入するための「7つのステップ」に
ついてお伝えをしております。

 ステップ1 導入目的・基本方針の策定 

 ステップ2 現状把握・導入方針の決定 ← 今はココ

 ステップ3 導入スケジュールの策定

 ステップ4 社内管理体制の整備

 ステップ5 社員教育

 ステップ6 トライアル導入と評価

 ステップ7 本格導入

ステップ2で在宅勤務制度の「導入方針」を決定するためには、
「現状把握」をしなければなりません。

昨日は、そのための「業務分析のやり方」についてお伝えを
しました。

そして、業務分析を行うことでムダな作業の見直しができて、
業務の効率化につながることも理解いただけたと思います。

これにより、在宅勤務制度の導入方針、すなわち

 (1)対象者(部門)

 (2)対象業務

 (3)対象頻度

をどうするのかが見えてくるはずです。

しかし、「現状把握」で行うことは業務分析だけではありません。

実は、在宅勤務制度を導入する上で意外と「盲点」になっている
ことがあります。

それは何かと言うと、

 社員の自宅における「ネット接続環境」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

もちろん、今どき自宅からインターネットに接続できないという
社員はほとんどいないと思います。

しかし、ここで確認をしておくべきことは

 業務でも問題なく使用できるネット環境
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

を準備することができるかどうかということです。

たしかに、メールやチャット、あるいはITツール(ソフト)を使う
だけなら大きな問題はないかもしれません。

しかし、

 社内会議(テレビ会議)や顧客との商談をオンラインで行う
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ことが想定されるのであれば、ネット接続環境のチェックを
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 することは不可欠です。
 ~~~~~~~~~~

Zoomなどでオンライン会議をやったことがある方なら経験したこと
があるかもしれませんが、たまに

 画面の向こうで固まっている人がいませんか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
そうです、アレです。

たとえば、

 自宅のネット環境がWi-Fi接続で、
 ~~~~~~~~~~~~~~~

 しかも3階の部屋までルーターで中継してネット接続
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

をしていたりする場合は、動画や音声が途切れてしまう場合が
あります。

ある程度の通信速度が確保できていたとしても、2階の部屋で
子どもがYoutubeを視聴し始めると突然スピードが遅くなる、
なんてこともあったりします。

あるいは、若い人の場合は、自宅には電話もネット回線もなく、
プライベートはスマホだけで通信をしているという場合もある
かもしれません。

しかし、在宅で仕事をする場合には、それでは困ります。

したがって、在宅勤務制度を導入・実施する場合には、
対象となる社員の自宅におけるネット接続環境をきちんと
確認しておく必要があるのです。

これは「意外な盲点」ですので、ぜひ注意して下さい。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加