ただいま、在宅勤務制度を導入するための「7つのステップ」に
ついてお伝えをしております。

 ステップ1 導入目的・基本方針の策定 ← 今はココ

 ステップ2 現状把握・導入方針の決定

 ステップ3 導入スケジュールの策定

 ステップ4 社内管理体制の整備

 ステップ5 社員教育

 ステップ6 トライアル導入と評価

 ステップ7 本格導入

前号のメルマガでは、在宅勤務制度を導入するにあたっては
「目的」を明確にするとともに、「基本方針」を策定することが
重要であることをお伝えしました。

一般に、企業が在宅勤務やテレワークを導入する「目的」には、
以下の5つがあると言われていますが

(1)働き方改革

(2)生産性の向上

(3)人材の確保・定着

(4)コストダウン

(5)BCP(事業継続プラン)

今回、私が考えている在宅勤務導入コンサルティングは、
上記(5)を前面に打ち出したサービスになります。

したがって、経営者に伝えるメッセージは、

 コロナ第2波がやってきても事業が継続できるように
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 在宅勤務制度を導入しましょう
 ~~~~~~~~~~~~~~

ということになります。

しかし、「事業が継続できること」だけを在宅勤務制度導入の
目的にするのは、あまりにももったいないことです。

ですから、「基本方針」を策定するにあたっては、その他の
目的も追加するのは当然のことです。

たとえば、これを機にIT化・クラウド化を推進することで
「生産性の向上」を目指すというのも良いでしょう。

あるいは、働きやすい環境を整備することで優秀な人材の確保・
定着を図るということを基本方針に盛り込むこともできます。

要するに、会社として(経営者が)従業員に対して

 自社の経営課題を解決するために在宅勤務制度を導入する
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というメッセージを発信することができればよいわけです。

ただ、ここでは簡単にご説明をしていますが、小規模企業の現場で
これを実施することは、かなり難しい作業だと思っています。

その理由は、中小企業の経営者は在宅勤務に対してネガティブな
印象を持っている場合が多いからです。

たとえば、次のようなものです。

 ・自宅で仕事をさせると社員がさぼるのではないか?

 ・ウチの会社には在宅でできる仕事はない

 ・直接会って話さないと伝わらない

 ・コミュニケーションが悪くなる

 ・お金がかかるのではないか?

 ・売上が減るのではないか?

したがって、コンサルタントの役割として、在宅勤務制度を導入
する「メリット」や「効果」について、具体的かつ丁寧な説明が
必要になります。

ある意味で、ここが最大のポイントになります。

別の言い方をすると、ここさえ無事クリアすることができれば、
その後の導入プロセスについては半自動的に行うことが可能です。

では、どのようにすれば経営者を「その気」にさせることができる
のでしょうか?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加