昨日は、

 在宅勤務制度を導入・運用するためには、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「環境・ツール」「制度・ルール」「風土・意識」の
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 3つの視点からのアプローチが必要になる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということについてお伝えをしました。

今回のコロナ騒動によって、多くの企業で在宅勤務制度の
「実施」は行われました。

しかし、小規模企業においては在宅勤務を「運用」するための
制度やルールが整備されていないケースがほとんどです。

 ここに大きなビジネスチャンスがあります。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、「環境・ツール」「制度・ルール」「風土・意識」
の「3つの視点」を考慮しながら在宅勤務を導入・運用する
ためには、やはりノウハウが必要になるからです。

たとえば、コロナ対策として在宅勤務を「とりあえず実施した」
という企業においては、

 ・セキュリティー

 ・労働時間管理

 ・コミュニケーション

 ・通信費用の負担

 ・在宅勤務できる人とできない人との不公平感
 

などの様々な問題が発生しています。

こうした問題が発生してしまった理由は、在宅勤務を正しい手順
で導入しなかったからです。

もっとも、その当時はコロナ禍という緊急事態でしたので、
そのような時間的な余裕もありませんでした。

しかし、コロナ第1波が終息した今は、少しだけ時間的な余裕が
あります。

第2波、第3波がやってくる前に、在宅勤務制度を整備するには
ベストなタイミングです。

だからこそ、私たちが在宅勤務制度導入コンサルの提案をする
べきなのです。

では、在宅勤務制度の導入コンサルとは、

 具体的に「何を」「どのような手順」で
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 行えば良いのでしょうか?
 ~~~~~~~~~~~~

私は、在宅勤務の導入を以下のような「7つのステップ」で
考えています。

 ステップ1 導入目的・基本方針の策定

 ステップ2 現状把握・導入方針の決定

 ステップ3 導入スケジュールの策定

 ステップ4 社内管理体制の整備

 ステップ5 社員教育

 ステップ6 トライアル導入と評価

 ステップ7 本格導入

1つ1つの内容については、これから具体的にお伝えをして
行きますが、こちらの説明会の参加特典としてプレゼントする
「コンテンツビデオ」の中でも少しだけお話をしています。

 ★労働法務ビジネス説明会
  https://www.roudou-adviser.com/setsumeikai202007tk.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加