こちらの「事前説明会」に次々とお申込みをいただいております。

 ★事前説明会へのお申込みはこちら
  https://www.roudou-adviser.com/setsumeikai202007tk.html

事前説明会は「少人数限定」で開催しますので、満席になったら
受付を終了します。あらかじめご了承下さい。

ところで、これまで以下2本の動画を公開させていただきましたが、
ご覧になられているでしょうか?

 ★松崎先生との労働法務対談ビデオ(その1)
  https://youtu.be/iiD6imzpADM

 ★松崎先生との労働法務対談ビデオ(その2)
  https://youtu.be/MIjfUGPOAUA

明日は第3回のビデオを公開しますので、それまでにご覧になって
おいて下さいね。

さて、昨日は

 顧客企業においてコストの削減が求められるようになると、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 真っ先に解約されてしまうのが「相談顧問契約」である
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということをお伝えしました。

もちろん、あなたの相談顧問契約が報酬に見合った「価値」を
提供できているのであれば問題はありません。

私が問題点を指摘しているのは、

 いわゆる「お守り替わり」の相談顧問契約
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のことです。

具体的には、

 毎月の顧問料はいただいているものの、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 何もサービス(価値)を提供していない相談顧問契約
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

もしかしたら、あなたにも心当たりがありませんか?

ここで知っておかなければならないことは、

 あなが何もサービス(価値)を提供していないことを
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 顧客(顧問先)も気づいている
 ~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

では、なぜ顧客があなたとの契約を続けているのかというと、

 ・何かあった時に相談できる(安心料)

 ・解約すると言いずらい(人間関係を壊したくない)

という理由があるからです。

しかし、今の時代、「何かあった時に相談できる先」というのは
ネットで検索すればいくらでも見つけることができます。

なので、「お守り替わり」の相談顧問契約というのは、そもそも
成り立たないのです。

そのため、今回のコロナ騒動のように

 「解約せざるを得ない大義名分」

が見つかれば、あなたの契約はすぐに解約されてしまうのです。

その一方で、コロナ禍でも着実に顧問先を増やしている先生も
いらっしゃいます。

その人たちは、いったい何をしているのでしょうか?

以下の説明会では、そんな話もさせていただく予定です。

 ★事前説明会へのお申込みはこちら
  https://www.roudou-adviser.com/setsumeikai202007tk.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加