ただいま、「労働法務」に関する情報のご提供をしております。
これまで、以下2本のビデオを公開させていただきました。

 ★松崎先生との労働法務対談ビデオ(その1)
  https://youtu.be/iiD6imzpADM

 ★松崎先生との労働法務対談ビデオ(その2)
  https://youtu.be/MIjfUGPOAUA

上記のビデオをご覧いただきまして、労働法務アドバイザー協会の
活動にご興味をお持ちいただきましたら、ぜひこちらの説明会に
ご参加下さい。

 ★事前説明会へのお申込みはこちら
  https://www.roudou-adviser.com/setsumeikai202007tk.html

ところで、昨日のメルマガで、上記の説明会では

 「Zoomを活用して相談顧問サービスを商品化する方法」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

というテーマでミニセミナーを開催することをお伝えしました。
 

でも、もしかしたら、

 「顧客からの相談に対してZoomで対応をするんでしょ」

 「Zoomの使い方なら知っているからいいや」

と誤解をされている方がいらっしゃるかもしれません。

私の性格をご存知の方であればお分かりだと思いますが、

 わざわざ説明会に集まっていただいた方に対して、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そんな小手先の話をするわけないじゃないですか!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Zoomというのはあくまで「手段」であって、本質的なテーマは
「相談サービスを商品化する方法」というところにあります。

なぜ、このような話をするのかと言うと

 相談業務できちんと報酬をもらえている社労士が少ない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

からです。

ほとんどの人は、顧問契約の「おまけ」のようなカタチで
相談サービスを提供してしまっているのではないでしょうか?

純粋に「相談顧問」として、相談業務だけで報酬をもらえて
いる社労士は数えるほどしかいないと思っています。

仮に「相談顧問」として契約をして報酬をもらっている場合でも、

 もしもの時のための安心料という大義名分で、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 何もしないで毎月報酬だけを受け取っている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というケースが多いように思います。

しかし、このような相談顧問契約を顧客視点で考えてみると、
顧客は決して満足をしていないはずです。

なぜなら、「支払う報酬」と「得られる価値」のバランスが
取れていないからです。

そして、不景気になって、

 顧客企業においてコストの削減が求められるようになると、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 真っ先に解約されてしまうのがこのような顧問契約なのです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 では、そうならないためにはどうすれば良いのか?

 そもそも、相談顧問契約とはどうあるべきなのか?

 Zoomを活用することで、どんなことができるのか?

ミニセミナーではそんなことについてお話をしたいと思います。
以下に該当する方は、ぜひ説明会にご参加下さい。

 ・オンラインサービスを取り入れて労働集約型から脱却したい

 ・相談サービスを有料化して顧問単価をアップさせたい
 
 ・ライバル事務所と差別化をして地域No.1の事務所になりたい

 ・全国展開ができるサービスを開発したい 

 ★事前説明会へのお申込みはこちら
  https://www.roudou-adviser.com/setsumeikai202007tk.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加