昨日は、6月12日に出された雇調金の特例によって、

 
 申請方法の違いにより受給額に大きな差が生じるようになった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

ということをお伝えしました。

具体的に言うと、簡易方式を選択すると、申請手続は簡単になる
ものの、助成金の受給額が少なくなってしまうというデメリット
があるのです。

私は、ここに大きなビジネスチャンスがあると考えています。

たとえば、

 簡易方式で申請をしたら45万円しか受給できない助成金が、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 通常方式で申請をしたら75万円受給できるのであれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 増えた助成金の金額を「成功報酬」で請求して、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 雇調金の申請代行サービスを提案をする
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というビジネスが展開できる可能性があります。

しかし、このような提案をして契約を獲得できる人というのは、
それほど多くはないと思っています。

その理由は、

 「知っている(知識がある)こと」と、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その知識を活用して「ビジネスで結果を出すこと」は
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まったく別次元のことだからです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

別の言い方をすると、

 顧客に対してどのように提案をして、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 どのように契約を獲得するのかという設計ができていない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

からです。

これはいったい、どういうことなのでしょうか?

上記の例で言えば、あなたが報酬を得るためには

 簡易方式で申請したら45万円しか貰えなかった助成金を
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 あなたが申請することで75万円貰えるようになった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということを証明できなければならないということです。

つまり、

 「成功報酬型のビジネス」をするのであれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その「効果額」を具体的な数値で示す必要がある
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということ。

多くの人にはこれができないので、

 成功報酬は助成金の受給額の〇〇%
 ~~~~~~~~~~~~~~~~ 

という提案になってしまうのです。

でも、顧客視点で考えたら、これっておかしくありませんか?

だって、これはどちらかというと

 使用量が多くなると金額が増える「従量制」みたいなもので、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「本当の意味での成功報酬」ではありませんからね。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そもそも、雇調金というのは、社員に支払った休業手当が助成金
として支給されるというものなので、

 受給額のパーセンテージで報酬を請求するのはおかしい
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と私は思うのですが、いかがでしょう?

社員10名の会社も社員100名の会社も、それほど手間は変わらない
はずのに、報酬額が10倍も違うなんておかしくないですか?

それって、

 あなたの会社は助成金をたくさん受給したんですから、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その「おこぼれ」を私にも下さいな
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

と言っているみたいなもんですよね?

私は「商売人」として、顧客に対しては常にフェアな提案を
したいと思っています。

だから、このような提案だけは絶対にしたくありません。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加