これまで、以下2本のビデオを公開させていただきました。

 ★雇調金申請のトリセツ予告編ビデオ
  https://youtu.be/Ss9LPGG2D0g

 ★社労士のための雇調金アドバイスツール
  https://youtu.be/sEFGPzFAFwQ

もう、ビデオはご覧いただきましたでしょうか?

ところで、前回のメルマガのタイトルは

「雇調金の上限額が引き上げられたことによるチャンスとは?」

でしたが、本文でのご説明が十分ではなかったようですので、
本日改めてお伝えをしたいと思います。

それは、6月12日に出された特例で

 ・助成金の支給率が(原則として)100%になった

 ・上限額が15,000円に引き上げられた

ことによって、

 申請方法の違いによる助成金受給額の違いが顕著になった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

ここで言う「申請方法の違い」とは、以下3つの方法のことです。

 
 (1)簡易方式で申請する方法

 (2)原則通りに申請する方法(労働保険料基準)

 (3)原則通りに申請する方法(源泉税納付基準)

(1)を選択すると、申請手続は簡単になるのですが助成金の
単価を計算する上でボーナスや役員報酬が含まれないため、

 助成金の金額が少なくなってしまう
 ~~~~~~~~~~~~~~~~

というデメリットがあるのです。

詳細については、以下のビデオでご確認をいただきたいのですが、

 ★社労士のための雇調金アドバイスツール
  https://youtu.be/sEFGPzFAFwQ

ここでの重要なポイントは、

 上限額が引き上げられたことによって、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 助成金の受給額に大きな差が生まれることになった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

ということです。

ここに「新たなビジネスチャンス」が生まれたのです。

たとえば、

 簡易方式で申請をしたら45万円しか受給できない助成金が、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 通常方式で申請をしたら75万円受給できる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

としたらどうでしょう?

 あなただったら、どのような提案をするでしょうか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

詳しい内容については、こちらのビデオをご覧下さい。

 ★社労士のための雇調金アドバイスツール
  https://youtu.be/sEFGPzFAFwQ

しかし、私が本日お伝えしたいのはこのことではありません。
そんなことは、あなたもご存知だと思うからです。

私が本当にお伝えしたいことは、

 「知っている(知識がある)こと」と、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 その知識を活用して「ビジネスで結果を出すこと」は
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まったく別次元のことである
 ~~~~~~~~~~~~~

ということです。

上述の質問に対して、多くの人が

 増えた助成金の金額を「成功報酬」で請求して、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 雇調金の申請代行サービスを提案をする
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と考えると思います。

しかし、残念ながら、このような提案をして契約を獲得できる人
というのは、それほど多くはありません。

 いったい、なぜでしょうか?

その答えは、明日のメルマガで。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加