昨日、こちらの説明会をZoom(オンライン)で開催しました。

 ★助成金顧問獲得実践塾(第10期生)Zoom説明会
  https://www.joseikin-adviser.com/setsumeikai202006.html

この説明会では、「アフターコロナ時代の助成金ビジネス」を
テーマに、これからの助成金ビジネスの考え方をお伝えしました。

大きな方向性として、私たちは

 
 これからの助成金ビジネスは
 ~~~~~~~~~~~~~

 「テクニック」から「本質」へと向かう
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と予測しています。

これまでの助成金ビジネスにおいては、

 どうすれば助成金を受給できるのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということが重要でした。

しかし、こうした考え方はややもすると「小手先のテクニック」
に走りがちで、その副作用として不正受給を誘発することに
なってしまったのです。

その結果が、今回の「雇調金騒動」です。

たしかに、「申請手続が複雑でわかり難い」という指摘は
ごもっともだと思いますが、

 雇用助成金というのは「そういうもの」である
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というのが個人的な意見です。

「そういうもの」というのは、法令を遵守して、適正な労務
管理をしている会社が利用できる制度という意味です。

ですから、経済対策や労働者の所得補償が目的であったのなら、
今回のコロナショックで雇調金を使うべきではなかったのです。

まぁ、そんなことを今さら言っても後の祭りですが・・・。
しかし、今回のコロナショックで良かったこともあります。

それは、多くの企業が以下のことを認識したことです。

 ・助成金というのは、いざという時に役立つ制度である

 ・助成金を活用するのであれば、日頃から労務管理を
  しっかりしておかなければならない

 ・助成金の最新情報をタイムリーに入手するのは難しい

私は、ここに「新しいビジネスチャンス」があると考えて
います。

すなわち、上記のような「顧客ニーズ」に応えるのが、
これからの助成金ビジネスではないかとということです。

実は、これこそが私たちが5年間にわたって実践してきた
「助成金顧問サービス」なのです。

さらに言うならば、

 私たちが届けている助成金の最新情報というのは、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 こんな助成金があって、こういうことをすれば、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 これだけの金額の助成金がもらえますよ、という
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「助成金そのもの」の情報ではありません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうではなく、

 なぜ、その助成金があるのかという制度趣旨や、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 助成金を活用して制度を導入することによって、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 会社や社員にとってどのようなメリットがあるのか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 という「助成金の活用方法」に関する情報を届けています。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

つまり、「テクニック(How)」ではなく「本質(Why)」です。

そして、助成金を積極的に活用するためには、適正な労務管理を
実施しておく必要があるということです。

私たちが掲げている「助成金受給環境整備」という言葉には、
そのような思いが込められているのです。

 ★助成金顧問獲得実践塾(第10期生)Zoom説明会
  https://www.joseikin-adviser.com/setsumeikai202006.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加