コロナの影響によって、ビジネスのスタイルがどんどん変わって
きています。

オンラインでセミナーを開催するなんていうのは当たり前で、
最近ではこんなサービスもあるみたいですね。

 オンラインスナック横丁
 https://snackyokocho.com/

これは全国各地のスナックのママさんとオンライン飲み会が
できるサービスです。(もちろん、有料です)

これまでは、直接会って(対面で)提供しなければダメだと
思われていたサービスが、次々にオンラインに置き換わって
います。

そしてまた、そこに新しいビジネスチャンスが生まれている
のです。

アフターコロナ、ウィズコロナ時代のビジネスは、「非接触」
というのがひとつのキーワードになるのかもしれません。

では、私たち社労士の業界はどうでしょう?

もちろん、こうした流れには逆らうことはできません。

これで、他の業界に比べて大幅に遅れていたオンライン化
への対応が一気に進むことを期待しています。

そもそも社労士のサービスなんて、電子申請を前提にすれば、
すべてオンラインで対応することが可能です。

顧客との打合せだって、Zoomなどのテレビ会議システムを
利用すれば、まったく問題なく行うことができますしね。

もちろん、だからと言ってすべてをオンラインで済ませれば
よいという問題ではありませんが・・・。

ここで私が言いたいことは、これまでの「当たり前」を見直す
べきだということです。

たとえば、今ご案内をしている助成金ビジネスもそうです。

 ★助成金顧問獲得実践塾(第10期生)Zoom説明会
  https://www.joseikin-adviser.com/setsumeikai202006.html

私たちは5年前より、「情報提供型助成金ビジネス」というのを
実践してきました。

このビジネスは、

 助成金情報を「コンテンツ化」「オンライン化」することで
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 労働集約型(接触型)のビジネスからの脱却を目指す
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というものです。

これはまさに、これからの時代に求められる「非接触型」の
新しい助成金ビジネスになることを確信しています。

ステイホームが習慣化されたことで、多くの経営者がオンライン
で情報を受け取ることに抵抗がなくなってきています。

そんな経営者に対して、ビデオやメールで助成金の最新情報を
届けるのが「助成金情報提供顧問サービス」です。

ビデオコンテンツやメールの原稿はすべてこちらでご用意して
おりますので、あなたがやることは週に1回メールを配信する
だけで良いのです。

 これだけで月に30~50万円の安定した売上を確保できる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 新スタイルの助成金ビジネスに興味はありませんか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

非接触型の助成金ビジネスにご興味のある方は、ぜひこちらの
説明会にご参加下さい。

 ★助成金顧問獲得実践塾(第10期生)Zoom説明会
  https://www.joseikin-adviser.com/setsumeikai202006.html

ただいま、満席につき受付を終了しておりますが、近日中に増席
をして受付を再開する予定です。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加