前回は、

 「なぜ、開業22年目の私が助成金ビジネスに取り組むのか?」

ということについてお伝えをしました。

結論として、私は助成金ビジネスが好きであるということ。

また、私が助成金ビジネスが好きなポインとして、

 助成金の最新情報を追いかけていると、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 国の労働施策の方向性や人事労務管理のトレンドがわかる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という所だということもお話をしました。

しかし、私が助成金ビジネスに取り組んでいる理由はそれだけ
ではありません。

もうひとつの理由は、

 助成金ビジネスは非常に変化のスピードが速い
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

このことは、今回、雇調金が制度がコロコロと変更になったこと
からもおわかりいただけるでしょう。

つまり、

 助成金ビジネスで成果を出すためには、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 常に最新の情報を入手して、
 ~~~~~~~~~~~~

 スピード感を持ってその変化に対応をしなければならない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

ということです。

別の言い方をすると、

 助成金ビジネスには「情報感知力」と「変化対応力」が必要
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということになります。

さらに言うのであれば、ある種の「予測力」が求められるのです。

しかし、これは決してスピリチャル的な能力ではありません。

なぜなら、

 「国の労働施策の方向性」や「人事労務管理のトレンド」から
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 考えれば、今後の助成金ビジネスはこうなるはずである
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということが、ある程度は予測できるからです。

もちろん、その予測が当たることもありますし、外れることも
あります。

予測が見事に的中すれば「やったぁ~」と小躍りしますが、
外れれば「チクショー」と悔しい思いが沸き上がります。

どちらにしても、「また予測をしたくなる」ということです。
これはある意味で、ギャンブル依存症みたいなものですね(笑)。

いずれにしても、

 私は「未来を予測しながら戦略を考える」ということが
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大好きな人間なのです。
 ~~~~~~~~~~

ちなみに、私の座右の銘として、

 変化はコントロールするこができない。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 できるのは、変化の先頭に立つことだけである。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というピーター・F・ドラッガー博士の言葉があります。

これは、まさに助成金ビジネスそのものですね(笑)。

ということで、そんな私と一緒に

 「未来予測型の助成金ビジネス」に取り組みたいという方は、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ぜひこちらの説明会にご参加下さい。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ★助成金顧問獲得実践塾y(第10期生)Zoom説明会
  https://www.joseikin-adviser.com/setsumeikai202006.html

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加