昨日公開をしたこちらのビデオはご覧になりましたか?

 ★松崎先生との対談ビデオ(第1回)
  https://youtu.be/nwcVYaPMwI0
 

このビデオをご覧いただきますと、以下の情報を入手することが
できます。

 ・最近の雇調金ブームに関して思うこと

 ・助成金ビジネスから撤退した社労士は今どうしているのか?

 ・これまでの助成金ブームとは違う点とは?

 ・雇調金の提案を成功報酬型で提案できない理由

 ・これまで社労士が行ってきたセールストークの問題点

 ・雇調金の申請手続が難しい本当の理由とは?

 ・厚生労働省が提供しているビデオやマニュアルは使えるのか?

 ・社労士ユーチューバーの活躍について

 ・コロコロ変わる雇調金の特例措置に対処する方法

 ・これからの助成金ビジネスはどう変わっていくのか?

 ・雇調金ビジネスは「第2ステージ」に突入する!

この1~2年の助成金ビジネスは「停滞期」に突入しておりまして、
社労士にとって魅力的な助成金は少なくなってしまっていました。

その一方で、申請書類のチェックが厳しくなったり、社労士にも
「連座制」が適用されるといったこともあり、昨年あたりから

 もう、助成金ビジネスからは撤退する!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と表明する社労士が増えていました。

しかし、コロナの影響で雇調金の申請ニーズが非常に高まったこと
を受けて、その人たちがまた助成金ビジネスの現場に復帰してきて
います。

何とまぁ、ポリシー(節操)のないことでしょう(笑)。
とはいえ、これもまた仕方がないことだと思います。

なぜなら、

 ビジネスというのは「顧客のニーズありき」
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だからです。

ご存知の通り、4月に緊急事態宣言が出されてからは雇調金に対する
ニーズは劇的に高まり、社労士への問合せも急増するという状況に
見舞われました。

中小企業の経営者からすれば、

 「助成金=社労士」というイメージがありますので、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 社労士であれば雇調金の申請をしてくれるのが当然
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という意識があったのです。

もちろん、助成金ビジネスが「低迷期」にあることなんて知る由も
ありませんし、その社労士が助成金ビジネスから撤退したかどうか
なんて、全く関係のないことです。
 

経営者からすれば

 とにかく、ウチの会社の雇調金の申請をして欲しい!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということだけです。

しかも、それが顧問先からの依頼であれば否が応でも対応せざるを
得なかったでしょう。

ですから、この1~2ヵ月間は

 雇調金の申請ができなければ社労士にあらず
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と言われても仕方がない状況でした。

こうして、好む好まざるとに拘わらず、多くの社労士が

 雇調金の申請をせざるを得ない状況に追い込まれてしまい
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 強制的に助成金ビジネスに復帰させられてしまった
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

というわけです。

結論として、何が言いたいのかといえば、

 やっぱり顧客は社労士に対して「助成金サービス」を求めている
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

ということです。

そして、これから景気が悪化することが予想されますので、
助成金のニーズは益々高まってくるでしょう。

しかし、ここで注意しなければならないのは、これからの助成金
ビジネスというのは、これまでの延長線上にはないということ。

コロナへの対応と同じように、

 助成金ビジネスにもニューノーマル(新常態)が求められる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

と考えています。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加