先日、「助成金受給環境整備アドバイザー協会」の共同代表を
務めていただいている松崎先生との対談ビデオを収録しました。

 ★松崎先生との対談ビデオ(第1回)
  https://youtu.be/nwcVYaPMwI0
 

社労士として開業20年以上になる私たち二人が、
最近の雇調金ブームについて、率直に意見交換を行いました。

このビデオをご覧いただきますと、以下の情報を入手することが
できます。

 ・最近の雇調金ブームに関して思うこと

 ・助成金ビジネスから撤退した社労士は今どうしているのか?

 ・これまでの助成金ブームとは違う点とは?

 ・雇調金の提案を成功報酬型で提案できない理由

 ・これまで社労士が行ってきたセールストークの問題点

 ・雇調金の申請手続が難しい本当の理由とは?

 ・厚生労働省が提供しているビデオやマニュアルは使えるのか?

 ・社労士ユーチューバーの活躍について

 ・コロコロ変わる雇調金の特例措置に対処する方法

 ・これからの助成金ビジネスはどう変わっていくのか?

 ・雇調金ビジネスは「第2ステージ」に突入する!

冒頭で公開をしたこちらのビデオでもお伝えをしている通り、

 ★第2次雇調金ビジネスの考え方
  https://youtu.be/rOuAhfkD0cM

 助成金ビジネスで重要なポイントは申請書類の書き方ではなく、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 助成金を受給するための「受給環境整備」です。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

雇調金の申請においては、休業日数や休業時間数をきちんと
把握しておく「勤怠管理」と、欠勤控除や休業手当の支給を
どのように計算するのかという「賃金管理」をしっかりと
やっておくということ。 

ぜひ、こちらのビデオも併せてご覧下さい。

 ★松崎先生との対談ビデオ(第1回)
  https://youtu.be/nwcVYaPMwI0

間もなく、「助成金顧問獲得実践塾(第10期)」のご案内を開始
させていただきます。

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加