ご存知の通り、概ね20名以下の小規模企業に関しては、雇調金の
申請手続が簡素化されるというアナウンスがありました。

これに対して、私の方では「雇調金申請マニュアル」を販売して、
皆さんにビジネスチャンスを掴んでいただきたいと考えています。

しかし、私が今回ご提供するのは、

 「商品」も「顧客対象」もかなり絞り込みをしていますので、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  すべての企業に対して有効なビジネスモデルではありません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

具体的には、次のような顧客を想定しています。

 ・社員数20名以下の小規模企業

 ・社員構成は正社員とパート社員

 ・4月8日以降に社員を休業させている

 ・これまでは資金繰りが厳しく休業手当を支払っていない

 ・休業手当を支払っていないことを申し訳なく思っている

 ・しかし、銀行融資を受けて当面の資金繰りに目途がついた

 ・売上回復のために社員に頑張って働いてもらいたい

 ・助成金が出るのであれば今からでも休業手当を支払いたい

 ・会社負担が同じならば休業手当の支給率は100%にしたい

 ・社労士に高額な報酬を支払ってまで依頼したくない

 ・でも、情報収集のために多少のお金なら支払う気がある

 ・ある程度の事務処理(書類作成)能力がある

このような「顧客対象」に対して、以下のような「商品」を販売
するというビジネスです。

 ・申請書の書き方を説明したマニュアル

 ・マニュアルの内容を解説したビデオ

 ・添付書類を作成するためのツール(エクセルシート)

 ・販売価格は3万円~5万円(税別)
 

このように、「顧客対象」と「商品」が明確になっていますので、
あとは「どうやって販売するのか?」を考えれば良いだけです。

一番わかりやすいのは、「ダイレクトメール」を送るという方法
ですね。

たとえば、

 社員20名未満の会社が、専門家に高い報酬を支払わずに、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 自力で助成金が申請できるマニュアルを販売します!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

みたいなキャッチコピーでFAXDMを配信します。

予想としては、10,000通のFAXDMで5件程度の申込み(0.05%)が
あるとのではないかと思っています。

仮に、マニュアルを5万円で販売すると売上は25万円。
FAXDMのコストは5万円程度。

 投資額に対して、5倍のリターンです。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかも、マニュアルを販売するだけですから、全国を対象に営業
することが可能です。

25万円のリターンを再投資すれば125万円。
さらに、その125万円を再投資すれば625万円(500万円の利益)。

こんな感じのビジネスになります。

もちろん、FAXDMではなく、ネット上で広告やSNSを活用して集客を
するという方法もあるでしょう。

今だったら、オンラインセミナーを開催して、そこに集客をする
という方法も考えられます。

だって、社労士が公開しているYoutube動画は何万回も再生されて
いるんですからね。

それだけ「雇調金」というキーワードは、ネット上ではバズって
いるのです。

あるいは、あなたが税理士や保険営業マンと懇意にしているなら、
「チラシ」を作成して、それを渡して配布してもらうという方法も
良いと思います。

これなら、ほとんどコストはかかりません。

このように、「顧客対象」と「商品」が明確になっていれば、
具体的なマーケティング手法を実践することができるのです。

ただし、ここで気をつけていただきたいことは、

 こちらが想定している顧客対象以外には、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まったくヒットしない(反応が得られない)
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

たとえば、以下のような層にはまったく効果がないでしょう。

 ・社員50名以上の会社(簡素化の対象とならない企業)

 ・すでに雇調金の申請をしている会社(マニュアルは不要)

 ・そもそも休業手当を支払う気がない(支払えない)

 ・マニュアルをちゃんと読まない、ビデオを観ない

 ・事務処理能力が低い(やる気がない)

 ・お金は1円も支払いたくない(無料で教えて欲しい)

 ・助成金を資金調達の手段だと誤解している

 ・社員を雇っているのに労働保険の適用をしていない

そして、この時の重要なポイントは、

 上記の人たちにマニュアルを販売しようとしてはいけない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということです。

普段の業務であれば、

 どんな案件でも、相談を受けたら対応しなければならない

と思っている方が多いと思いますが、今回のビジネスは

 こちらが想定している顧客対象以外は一切対応しない
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という真逆の考え方になります。

しかし、本来の「マーケティング思考」というのはそういうもの
なのです。

ただし、このような「プッシュ型」のマーケティングができるの
には、ひとつだけ大きな条件があります。

それは、「顧客ニーズが高い(売り手市場である)」ということ。

幸いにして、現在は「雇調金」というキーワードにとても大きな
ニーズがあります。

だから、今が絶好のチャンスなのです。
こんな機会は滅多にありませんからね。

8月頃までの「期間限定のビジネス」ですから、マーケティングを
実戦形式で勉強するつもりで、取り組んでみてはいかがでしょう?

・この記事が役に立ったらシェアしていただければと思います
このエントリーをはてなブックマークに追加